GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2009年 >
  4. デジタルフォトフレームや通信型カーナビにもAndroid™を ~『第12回 組込みシステム開発技術展』でご紹介~

プレスリリース

2009年5月12日
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

デジタルフォトフレームや通信型カーナビにもAndroid™を

~『第12回 組込みシステム開発技術展』でご紹介~

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(本社:横浜市、代表取締役社長:芋川 敏)は、プラットフォームにAndroid™を活用して実現した組込み機器、「DLNA対応デジタルフォトフレーム」と「ネットワーク通信型カーナビゲーション」の開発例を、第12回 組込みシステム開発技術展でご紹介します。
   拡大する組込み機器市場に向け、ユーザエクスペリエンスやネットワーク通信機能に優れたAndroidと既存製品を組み合わせることで、新しい組込み機器の可能性をご提案します。
   また、AndroidアプリケーションなどJava言語で記述されたプログラムの品質向上を支援するツール「PGRelief Java版 2009」を使った、プログラム品質向上のデモンストレーション展示を行います。

Android™は、携帯電話向けのプラットフォームとして発表されて以降、組込み一般機器向けのプラットフォームとしても大きく注目されています。

当社では、Androidを組込み一般機器向けに採用した実装例、およびAndroid上アプリケーションの開発生産性・品質向上を図るツールをご紹介します。

【展示内容1】DLNA対応デジタルフォトフレーム

Androidのネットワーク通信機能を活かし、ホームネットワークとクラウドサービスに接続された新しいデジタルフォトフレームの開発例を展示いたします。
拡大するデジタルフォトフレーム市場に向けて、DLNAによるホームネットワークへの接続と、Android自身が持つクラウドサービスへの接続によって、ホームネットワーク、およびインターネットの両コンテンツにアクセスすることができるデジタルフォトフレームをご提案いたします。

【展示内容2】ネットワーク通信型カーナビゲーションデバイス

Androidのクラウドサービスの活用によってネットワークに接続された新しいタイプのカーナビゲーションデバイスの開発例を展示いたします。
カーナビゲーションデバイスの普及率の増加に合わせてポータブルナビゲーションデバイス(PND)市場も急速に拡大している現在、通信インフラに接続されたデバイスの可能性が見えてきています。Androidをプラットフォームとして利用することで新しいサービス・デバイスの可能性をご提案いたします。

【展示内容3】品質向上支援ツール『PGRelief Java版 2009』

ソースプログラムの静的解析によりプログラムの欠陥を指摘し、開発生産性と品質の向上を支援する当社製品『PGRelief Java版 2009』のデモンストレーションを行います。
組込み機器でのAndroidの採用により、システムに搭載されるプログラムの増大や高機能化が予想されます。当社は、このような組込み機器向けのAndroidアプリケーション開発作業に対して「PGRelief Java版 2009」により、プログラムの品質向上と短期開発をご提案いたします。

【展示物構成・概要】

デジタルフォトフレーム

株式会社マクニカの「MARBO PictImpact」をAndroidと組み合わせることで、多様な効果を持った魅力的なデジタルフォトフレームデバイスを短期間で実現。さらにデバイスの魅力度あげるために、富士通株式会社の「Inspirium HomeNetworkライブラリ for AV」によるDLNAプロトコルスタックを利用し、写真データのネットワーク上での共有を実現しました。

ハードウェア

  • 米Marvell社: Zylonite(PXA 310)
    http://www.marvell.com/products/processors/applications/

ミドルウェア

サービス

  • 当社: 「組込みサービス」 for Android™
    http://jp.fujitsu.com/fst/services/embedded/android-linux.html
  • 当社: 「ワンストップサービス」for DLNA
    http://jp.fujitsu.com/fst/services/embedded/dlna.html

カーナビゲーションデバイス

インクリメントP株式会社の「地図サーバ・経路計算サーバ」をAndroidから利用することで、Androidのネットワーク親和性と高度なユーザインターフェースを体感できるネットワーク通信型のカーナビゲーションを実現しました。

地図サービス

ハードウェア

ミドルウェア

サービス

  • 当社: 組込みサービス for Android™
    http://jp.fujitsu.com/fst/services/embedded/android-linux.html

PGRelief Java版 2009

サンプルソースコードを用い、実際にツールで検出される指摘のご紹介や、コーディング規約の作成手順などをご紹介します。

【出展展示会概要】

展示会名 第12回組込みシステム開発技術展 (ESEC2009)
会期 2009年5月13日(水曜日)~5月15日(金曜日)
会場 東京ビッグサイト
本技術の展示ブース 富士通グループブース(東47-32)
詳細情報 http://jp.fujitsu.com/fst/events/2009/esec.html

【各社からのコメント】

インクリメントP株式会社

サービスプラットフォーム事業本部 第一技術部 部長 倉田篤氏のコメント

弊社は、地図・通信ナビ技術を早くから追求して来た会社として、Androidプラットホームにナビゲーションデバイスの可能性を感じております。
この度、高い実力を持つ富士通ソフトウェアテクノロジーズ様にて、弊社がナビゲーション事業にて長く培ってきた地図情報と技術が、Android開発にご活用いただける事は重要なマイルストーンになるものと確信しており、今後の通信ナビ展開に向けた布石となるものとして期待しております。

株式会社マクニカ

クラビスカンパニー カンパニープレジデント 佐藤剛正氏のコメント

デジタル家電市場向けの新しいソリューション提案として、このたび富士通ソフトウェアテクノロジーズ様より出展される、Android採用の「DLNA 対応デジタルフォトフレーム」に、大きな可能性を感じています。
弊社の開発した静止画スライドショー用組込みミドルウェア「MARBO PictImpact」を、DLNAと共にAndroidに組み込むことにより、短期間で更に魅力的なシステムの提案ができると確信しています。今後の展開に大いに期待します。

【商標について】

"Android"はGoogle Inc.の登録商標です。
Android is a trademark of Google Inc. Use of this trademark is subject to Google Permissions.
記載されている社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
インフォメーションセンター
icon-telephone 電話: 0120-052-070(平日9時~12時、13時~17時 受付)

以上


プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。