GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2009年 >
  4. Android™にも対応 - 「ワンストップサービス」for DLNAの提供を開始

プレスリリース

2009年3月17日
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

Android™にも対応 「ワンストップサービス」for DLNAの提供を開始

~企画段階から開発支援、DLNAロゴ認定、サポートまで~

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(本社:横浜市、代表取締役社長:芋川 敏)は、DLNA(注1)ガイドラインに対応した機器を開発するメーカー向けに、「「ワンストップサービス」for DLNA」を本日より提供いたします。本サービスでは、家電、デジタルAV機器やモバイル機器などのDLNA対応機器の開発企画段階でのコンサルティングを始め、実績あるミドルウェアの提供、機器の動作検証、サポートに至るまで、組込み機器開発に必要な作業をサービスメニュー化し、ご提供することで、開発期間の短縮、コスト削減を実現いたします。

近年、家庭内には様々な情報家電機器やパソコンがネットワークに接続され、これに伴って、組込み機器においてもコンテンツの表示、再生を実現するDLNA対応の要求が高まってきています。これまでDLNA対応機器を開発するには、様々な要求を満たすハードウェア、ソフトウェアを選定するために多くの時間を費やしてきました。また、DLNAロゴ認定に必要なノウハウの習得や検証作業に多くの工数が必要となります。

今回当社は、ハードウェア、ソフトウェア一体のご提案とDLNAロゴ認定のノウハウを生かした「ワンストップサービス」for DLNA を提供し、お客様の組込み機器開発における期間短縮・工数削減に貢献します。

【サービスの概要】

情報家電機器に採用される様々な組込みOSとDLNAに精通した当社エンジニアが、お客様の組込み機器開発に対して、企画・開発・検証・認定の全ての工程をお手伝いいたします。

  • 仕様検討の工程では、お客様のご要件にもとづいた仕様のご提案や実績あるハードウェア、ソフトウェアのご提案により、お客様でのDLNA対応機器の最適な設計をご支援いたします。
  • 開発の工程では、OSのポーティングやカスタマイズ、DLNAプロトコルスタックのポーティング及びアプリケーション開発などを実施し、高品質なシステム開発をご支援いたします。
  • 検証、認定の工程では、DLNAロゴ認定のノウハウを持つ当社が、日本国内唯一のDLNAロゴ認定機関である株式会社エクスカル(本社:横浜市、代表取締役社長:朱雀二朗)と連携して、事前検証、DLNAロゴ認定試験を行うことで、スムーズなロゴ認定取得をご支援いたします。

また、本サービスでは、現在注目されているAndroidを情報家電分野に適用する場合にも同様にDLNAプロトコルスタックの提供や、Android上のアプリケーションと接続するインタフェースの設計、開発などをお手伝いいたします。

今後も当社は最高の組込み技術をベースにお客様の要望にお応えし、品質・コスト・納期を追求した組込みシステム開発をお約束いたします。

【サービスメニュー概要】

お客様の製品開発期間を短縮するため、既に実績あるソリューションとして、ハードウェアはスタンダードマイクロシステムズ株式会社(本社:品川区、代表取締役社長:鈴木康夫)のLAN9131(注2)、ソフトウェアはInspirium HomeNetworkライブラリ for AV(注3)を推奨構成としてご提案いたします。

コンサルティングサービス

情報家電機器向けにOS、プラットフォームの選択や設計、DLNAロゴ認定試験、接続互換性試験まで様々な側面から当社ノウハウをご提供いたします。

エンジニアリングサービス

お客様の組込み機器へのLinux、AndroidなどのOSポーティングをはじめ、様々なソフトウェアの開発サービスをご提供いたします。

  • OSのポーティング、カスタマイズ
  • DLNAプロトコルスタックのポーティング
  • DLNA対応アプリケーションの開発

検証サービス

開発した組込み機器の検証を実施すると共に、DLNAロゴ認定を支援いたします。

  • CTT (Conformance Test Tool) をベースとした事前検証の実施
  • DLNAロゴ認定プログラムのご提供
  • DLNA製品との接続互換性検証のご提供

サポートサービス

電話、E-mailでのDLNAに関する技術的なお問合せ、およびプロトコル解析による障害調査のお問合せに対応いたします。

【サービス費用】

個別見積

【各社からのコメント】

スタンダードマイクロシステムズ株式会社

コネクティビティソリューション事業部 ビジネスデベロップメント マネージャ 菅波憲一 氏のコメント

「ワンストップサービス」for DLNAはこれまで多くのお客様に望まれ、弊社の課題としていたDLNAを実現するためのハードウェア、ソフトウェアの統合提案を実現しています。これにより、お客様はハードウェア、ソフトウェアの個々の評価、選定に伴うリスクを全て解消し、且つ開発期間を飛躍的に短縮することができます。「ワンストップサービス」for DLNAはDLNAを実現する上でのトータルソリューションといえます。

株式会社エクスカル

営業統括部 統括部長 大谷英之 氏のコメント

この度、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ様と現在最も注目されているDLNA(Digital Living Network Alliance)規格関連事業におきましてアライアンスを実施させていただくことは大変有意義な事と理解しております。お客様におかれましてはワンストップサービスをご利用されることにより、開発速度の加速によるコスト低減、製品品質の向上が可能となります。

株式会社エクスカルでは日本国内唯一のロゴ認定機関として検証の側面より全面的に協力をさせていただきます。

関連ホームページ

  • 富士通ソフトウェアテクノロジーズ「ワンストップサービス」for DLNA詳細
    http://jp.fujitsu.com/fst/services/embedded/dlna.html
  • スタンダードマイクロシステムズ株式会社
    http://www.smsc.jp/
  • 株式会社エクスカル
    http://www.xxcal.co.jp/

商標について

Androidは、Google Inc.の登録商標です。
Android is a trademark of Google Inc. Use of this trademark is subject to Google Permissions.
SMSCは、米国法人Standard Microsystems Corporationの登録商標です。
その他記載されている社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

注釈

(注1) DLNA (Digital Living Network Alliance)
パソコンやデジタル家電機器をネットワークで相互につなぐ際の約束事を取り決める団体であり、ガイドラインです。
(注2) LAN9131
スタンダードマイクロシステムズ株式会社の『LAN9131』は、HDストリーミングの高速転送と、ソフトウェアによるプロトコルスタック、著作権保護機能を組み合わせた商品です。ハードウェアとして、暗号・復号エンジンを搭載しているので、メインSoCを煩わすことなく、DTCP-IP規格の実現ができます。
(注3) Inspirium
富士通株式会社が開発した汎用組込みミドルウェアです。

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ
インフォメーションセンター
icon-telephone 電話: 0120-052-070(平日9時~12時、13時~17時 受付)

以上


プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。