GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

User Profile Agent (ユーザープロファイルエージェント) 導入効果

大規模リプレースに威力を発揮。対応時間を短縮し、大幅にコストを削減。

大規模リプレース時に User Profile Agent を利用すれば、プロファイルの移行作業にかかる時間が短縮され、大幅なコスト削減を望めます。

例:パソコン2,000台のプロファイルを移行する作業の場合

User Profile Agent でのプロファイル移行のメリット
  • プロァイルの移行作業にかかるコストは、約1,200時間、およそ230万円を節約
    User Profile Agent なら、手作業で移行する場合に比べ、約1/8の時間で移行できます。
  • 操作ミスのサポート対応にかかるコストは、約50時間、およそ10万円を節約
    移行作業時の操作ミスが削減されることで、サポート対応時間も削減できます。
作業内容 手作業で移行 User Profile Agent で移行 短縮時間(a)-(b) 削減コスト(注2)
1台あたりの作業時間 2,000台の作業時間 (a) 1台あたりの作業時間 2,000台の作業時間 (b)
プロファイルの
移行作業
約40分 40分×2,000台=1,333時間 約5分 5分×2,000台=166時間 1,200時間 230万円
操作ミスの
サポート対応
約30分 30分×100人=50時間(注1) なし なし 50時間 10万円

注1:20台あたり1台の操作ミスが発生すると仮定した場合の数値です。

注2:コストは、1時間あたり2,000円で計算しています。


本商品に関するお問い合わせ先

お問い合わせフォーム

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。