GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

静的解析による品質向上支援ツール「PGRelief C/C++」 動作環境

製品詳細導入事例体験版カタログ・資料価格購入方法
 

PGRelief C/C++ 2019

項目 必要条件
CPU Intel Core 2 Duo CPU 2GHz以上

(広域探索オプション、CERTオプションを使用する場合は、Intel Core i5 CPU 2.5GHz以上を推奨)

メモリ 1GB 以上(広域探索オプション、CERTオプションを使用する場合は8GB 以上を推奨)
ハードディスク インストールに必要な容量 Windows:260MB
RedHat:150MB
解析に必要な容量 Cプログラム 1ファイルあたり3MB(目安値)、
各オプション製品使用時はプラス1MB(目安値)
C++プログラム 1ファイルあたり15MB(目安値)、
各オプション製品使用時はプラス1MB(目安値)
動作OS ノードロック版 Windows 7(注1)
Windows 8.1(注1)
Windows 10(注1)
フローティング版 ライセンスサーバ Windows 7(注2)
Windows 8.1(注2)
Windows 10(注2)
Windows Server 2008 R2(注2)
Windows Server 2012(注2)
Windows Server 2012 R2(注2)
Windows Server 2016(注2)
Windows Server 2019(注2)
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
クライアント Windows 7 (注1)
Windows 8.1 (注1)
Windows 10 (注1)
Windows Server 2008 R2 (注1)(注3)
Windows Server 2012(注1)(注3)
Windows Server 2012 R2 (注1)(注3)
Windows Server 2016(注1)(注3)
Windows Server 2019(注1)(注3)
Red Hat Enterprise Linux 5 (注4)
Red Hat Enterprise Linux 6 (注4)
Red Hat Enterprise Linux 7 (注4)
解析対象 ANSI規格(ISO/IEC 9899:1990)/(ISO/IEC 9899:1999)/(ISO/IEC 9899:2011)に準拠したCプログラム
ANSI規格(ISO/IEC 14882:1998)/(ISO/IEC 14882:2003)/(ISO/IEC 14882:2011)に準拠したC++プログラム
ただし、広域探索オプションの解析対象は、Cプログラムのみとなります。
必須ソフトウェア
  1. Microsoft Excel 2010 / Microsoft Excel 2013 / Microsoft Excel 2016 / Microsoft Excel 2019 (注5) (診断レポート生成ツール利用時)
  2. Windows Internet Explorer 7以降 / Microsoft Edge™ 20.10240.0.0 以降 (品質監視オプション利用時)
関連ソフトウェア - サーバー仮想化ソフトウェア (フローティング版利用時)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V
  • Windows Server 2019 Hyper-V
  • VMware vSphere 5.0
- CIツール連携関連ソフトウェア (フローティング版利用時) (注6)
  • 英語環境でも利用できます。また各種説明書の英文ドキュメントもご用意しております。
  • ノードロック版は、仮想化環境ではご利用できません。
  • クラウド環境でのご利用については、サポート窓口にお問い合わせください。

(注1):64ビット版のWindows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016およびWindows Server 2019上では、32/64ビットアプリケーションとして動作します。
また、オプション製品の動作OSは、標準パッケージに準じます。

(注2):64ビット版のWindows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016およびWindows Server 2019上では、32ビットアプリケーションとして動作します。

(注3):GUIでの解析はできません。

(注4):コマンドのみの提供になります。GUIは提供されません。

(注5):32ビット版のMicrosoft Excelが必要です。

(注6):CIツール連携関連ソフトウェアについては、「CIツール連携 Jenkins プラグイン」を参照ください。

解析実績のあるコンパイラ

下記のコンパイラについて解析実績があります。また、下記以外のコンパイラの場合でも、コンパイラ情報をお知らせいただければ、解析可否をご案内いたします。

ルネサス エレクトロニクス社
アーム社
  • RealView 4.0
  • RealView 3.1
  • RealView 3.0
  • RealView 2.2
  • RealView 2.0
  • Developer Suite 1.2
  • DS-5(注7)
  • MDK-Arm(注7)
GNU
  • GCC
日本テキサス・インスツルメンツ社
富士通社
  • SOFTUNE FR
  • SOFTUNE F2MC-16
  • FUJITSU C Development Package 4.0.1
マイクロソフト社
  • Microsoft Visual C++ 2015
  • Microsoft Visual C++ 2013
  • Microsoft Visual C++ 2012
  • Microsoft Visual C++ 2010
  • Microsoft Visual C++ 2008
  • Microsoft Visual C++ 2005
  • Microsoft Visual C++ .NET 2003
  • Microsoft Visual C++ .NET 2002
  • Microsoft Visual C++ V6.0
  • Microsoft Visual C++ V5.0
  • Microsoft Visual C++ V4.2
  • Microsoft Visual C++ V4.0
  • Microsoft Visual C++ V1.x
  • Microsoft Embedded Visual C++ V4.0 (注7)
DIAB DATA社
  • D-cc
メンター・グラフィックス・ジャパン社
  • MRI
ガイオ・テクノロジー社
  • Xass
日本オラクル社
  • Oracle Solaris Studio 12(注7)
  • SPARCompiler 5.0
  • SPARCompiler 4.2
  • SPARCompiler 4.0
  • SPARCompiler 3.0.1
  • SPARCompiler 3.0
  • SPARCompiler 2.0.1
  • Forte Developer 6 update2 (注7)
  • Sun Studio 12 (注7)
  • Sun Studio 11 (注7)
KEIL (注7)
  • ARM C/C++ Compiler
  • C51コンパイラ
Paradigm Systems社 (注7)
  • C++コンパイラ
東芝社 (注7)
  • TLCS-900ファミリー Cコンパイラ
  • TLCS-870/Cシリーズ Cコンパイラ
IARシステムズ社
Green Hills Software社(注7)
  • MULTI V850 / RH850

(注7):本コンパイラ情報は製品に入っておりません。お試しになりたい場合には、サポート窓口までお問合せください。

留意事項

  1. 上記コンパイラをご使用の場合でも、ANSI規格からの拡張仕様部分について解析エラーが発生する場合があります。オプション設定等を行っても解析エラーを回避できない場合は、サポート窓口までお問い合わせください。
  2. 上記コンパイラ以外のコンパイラをご使用の場合、解析可否について無償で調査いたします。
  3. PGRelief では体験版をご用意しております。購入をご検討の際には、是非一度お試しください。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ・資料のダウンロード



製品トップ | 製品詳細 | 導入事例 | 動作環境 | 体験版 | カタログ・資料 | 価格 | 購入方法 |

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。