GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. PGRelief C/C++ >
  4. ダウンロード

静的解析による品質向上支援ツール「PGRelief C/C++」 ダウンロード

製品詳細導入事例体験版カタログ・資料価格購入方法
 
  1. CIツール連携 Jenkins プラグイン 1.1.0
  2. Microsoft® Visual Studio® 用アドインツール
  3. SOFTUNE® Development Tools for Eclipse プラグイン

1. CIツール連携 Jenkins プラグイン 1.1.0

CI(Continuous Integration)ツールのJenkinsで、PGReliefによる解析および解析結果を集約、表示するためのプラグインをダウンロードできます。
このプラグインを適用して頂くことで、ソースコード品質の継続的な確保のためにPGReliefを活用することができます。

注意事項

  • CIツール連携 Jenkins プラグイン単体でPGReliefを実行することはできません。

前バージョン 1.0.0 からの変更点

  • Jenkins の対応バージョンが 2.176.1 - 2.190.2 に変更になりました。
  • Warnings Next Generation Plugin(JenkinsでPGReliefの解析結果を集約、表示するソフトウェア) に対応しました。
    これにより、Jenkins の設定方法が変更になりました。詳細は「CIツール連携 Jenkins プラグイン 使用説明書」を参照ください。

動作環境

項目 必要条件
動作OS Windows 8.1
Windows 10(注1)
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
JDK / JRE Jenkins に記載のJava requirement を参照ください。
なお、CIツール連携 Jenkins プラグインでは以下のバージョンをサポートしています。
・JDK / JRE 8(Oracle版)(32/64ビット版)
・JDK / JRE 11(Oracle版)(64ビット版)
CI ツール ・Jenkins 2.176.1 - 2.190.2 (注2)
・Warnings Next Generation Plugin 7.2.0 (注2)
(JenkinsでPGRelief実行結果を表示する場合に必要)
・Apache Maven 3.5.0 - 3.6.2 (注2)
(JenkinsでMavenプロジェクトを使用する場合に必要)
PGRelief PGRelief C/C++ 2017 以降のフローティングライセンス
PGRelief J 2017 以降のフローティングライセンス
PGRelief C/C++ 2017 以降の広域探索オプション
(広域探索を実施する場合に必要)

(注1)バージョン 1903にて動作確認済みです。

(注2)オープンソースソフトウェアです。当該ソフトウェアのライセンス条件に従い、お客様の責任において以下のURLから入手し、ご使用ください。 なお、URLは予告なく変更になる場合があります。

ダウンロードファイル サイズ 更新日付
CIツール連携 Jenkins プラグイン 1.1.0 56KB 2019年12月
CIツール連携 Jenkins プラグイン 使用説明書(日本語) 1.59MB 2019年12月
CIツール連携 Jenkins プラグイン 使用説明書(英語) 1.34MB 2019年12月

前バージョン 1.0.0 をご希望の場合は、当社までお問合せください。


2. Microsoft Visual Studio 用アドインツール

Visual Studio 2005 (Visual C++ 2005) 、Visual Studio 2008 (Visual C++ 2008)、または、Visual Studio 2010 (Visual C++ 2010)で 、PGRelief C/C++ を解析・結果参照するためのアドインをダウンロードできます。
このアドインを適用して頂くことで、PGReliefの初期設定の手間を軽減することができます。また、コンパイラー、エディター、デバッガと連携しながら開発を行うことができ、効率的な解析作業を行なうことができます。

指摘メッセージ表示画面
 

アドインを使用可能なPGReliefのバージョン

  • PGRelief C/C++ 2010 以降のフローティングライセンス
  • PGRelief C/C++ 2010 以降のノードロックライセンス
  • 体験版
ダウンロードファイル サイズ 更新日付
Visual Studio 2005 / 2008 /2010 用アドイン 796KB 2018年7月

適応方法は、ダウンロードファイル内の「アドイン使用説明書」をご覧ください。


3. SOFTUNE Development Tools for Eclipse プラグイン

SOFTUNE Development Tools for Eclipse で、PGRelief C/C++を解析・結果参照するためのプラグインを入手できます。
このプラグインを適用して頂くことで、SOFTUNE Development Tools for Eclipseと連携開発を行うことができ、効率的な解析作業を行うことができます。

解析結果確認画面

ご希望の場合は、当社までお問合せください。


Microsoft、Visual Studio は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
SOFTUNEは、富士通セミコンダクター株式会社の登録商標です。
このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。