GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. PGRelief J >
  4. 製品詳細

静的解析による品質向上支援ツール 「PGRelief J」 製品詳細

製品詳細機能体験版カタログ・資料価格購入方法
 

システム開発の「品質向上」と「工数削減」を同時に実現!

静的解析ツールとして、組込み市場で多くの企業に支持されてきた「PGRelief」が、そのノウハウを受け継ぎ、Java向けに新登場!
Javaソースプログラムを静的解析する品質向上支援ツールです。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください
PGReliefで、品質改善すると、コスト削減にもつながるって本当ですか?

PGRelief を利用することにより、コーディング工程で問題点の大部分を洗い出すことが可能です。
この結果、後工程であるテスト工程や保守工程での修正作業は大幅に減少します。修正作業は、後工程になればなるほど、工数が増えて、大きなコストがかかるのが一般的です。
したがって、PGRelief の活用によって、品質向上効果だけでなく、コスト削減、開発期間の短期化も、同時に得ることができるのです。システム開発の現場で、ぜひPGRelief をお役立てください。

Javaを使ったシステム開発の修正コストの割合

例)Javaを使ったシステム開発の修正コストの割合
(コーディング工程での修正コストを1とする)


 

概要・特長

近年、システム開発の現場では、コスト削減・納期短縮の要望と、品質向上に対する要求が厳しさを増しています。この相反する課題を解決するのが、「PGRelief J」です。

「PGRelief J」は、ソースプログラムを多角的に静的解析することにより、欠陥を指摘し、解決策を的確に提示します。
すなわちコーディング - デバッグ - 評価・テスト - 保守と続く工程の中、コーディングの段階で問題点を早期に見つけ出し修正することにより、後工程になるほど手間やコストのかかる修正作業の削減を実現します。
また、開発段階では発見しづらいセキュリティ脆弱性などに対する指摘も豊富にご用意。
より品質の高いシステムを、より短い納期で構築するのに貢献します。

Javaソースプログラムを静的解析し、プログラムの欠陥部分を指摘

  • プロジェクトの標準コーディング規約作成を支援
  • ロジック上のバグや性能バグの可能性、セキュリティ脆弱性を指摘(レビュー観点の抽出)

レビュー・テスト工程の効率化を実現

  • コーディング工程での適用による「早期障害検出」効果を狙います。(後工程での手戻り削減)
  • 詳細な指摘ドキュメントによる開発者への教育効果
  • Javaの主な開発環境であるEclipseへのプラグインを提供
PGRelief J 適用のイメージ

従来、テスト工程でしか検出できなかったような障害も、コーディング工程で的確に検出できます。この結果、手戻り作業が少なくなり、動作テストの工数も減少。開発期間の短縮とコストの削減を同時に実現します。


製品に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

カタログ・資料のダウンロード



トップ | 製品詳細 | 動作環境 | 体験版 | カタログ・資料 | 価格 | 購入方法 |


このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。