Skip to main content

English

Japan

e診断@心の健康 「仕事のストレス判定図」の使用マニュアル

 「仕事のストレス判定図」の使用マニュアル (1) |   (2)  |   (3)  |   (4)  |   (5)  |   (6)  |


「仕事のストレス判定図」について

「仕事のストレス判定図」は、職場や作業グループなどの集団を対象として仕事上の心理的なストレス要因を評価し、それが従業員のストレス(ストレス反応)や健康リスクにどの程度影響を与えているかを判定するための簡便な方法です。

「仕事のストレス判定図」は以下のような特徴を持っています。

  • 全国の平均とくらべて自分の職場のストレスが高いかどうか一目でわかる (全国2.5万人の労働者の調査データと比較できます)。
  • 仕事のストレスによってどの程度余分に健康問題が発生する可能性があるかを「健康リスク」として計算することができます (上記の2.5万人の労働者のデータを科学的に解析した結果に基づいています)。

(注意)20歳台では40歳台にくらべて10%ほど健康リスクが高めに判定されやすいのでご注意ください。

本資料は、東京大学 大学院 医学系研究科 川上 憲人 教授が作成しました「仕事のストレス判定図」マニュアルを利用させていただきました。
なお、「仕事のストレス判定図および職業性ストレス簡易版調査票」は、 旧労働省作業関連疾患の予防に関する研究班の成果物です。(「旧労働省1999年度作業関連疾患の予防に関する研究班(加藤正明班長): 労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, 2000」)


目次

ページを移動

次へ