GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. FalconStor >
  4. 製品詳細

高速システム復旧ソフト FalconStor(ファルコンストア) CDP 製品詳細

FalconStor製品詳細動作環境価格カタログ

FalconStor CDPは、次のような特長を持っています。

大容量データのバックアップ時間短縮

従来までの多くのバックアップ運用では

これまでは、フルバックアップと差分/増分バックアップを、業務負荷の低い夜間に1回のみ実施する運用でした。また、ファイル単位でバックアップするため、更新箇所以外の余分なデータまでバックアップ時に転送されます。

その結果、バックアップ中はシステム負荷が高く、時間も長くなることから、夜間に1回以上のバックアップ運用はできませんでした。また、データ容量の増大に伴い、バックアップが夜間に終わらず、業務に負荷を与える状況も発生しています。

FalconStor CDP

FalconStor CDPでは、ファイル内の更新部分(HDDのブロック単位)のみをバックアップ対象とし、更新のタイミングでバックアップサーバ(CDPサーバ)に転送を行います。この従来までの手法とは根本的に異なる仕組みにより、バックアップ時間が短縮化されるのはもちろん、バックアップデータ量が少なくなることにより、LAN/WANの負荷が軽減されます。

また、スナップショットを行うことで、瞬時にデータの差分を保存することから、従来のバックアップに相当するデータ保護を1日に何度も実施できます(最大255世代)。その結果、夜間の決まった時間帯がバックアップに占有されないため、メンテナンス作業が容易になります。

バックアップ時間短縮イメージ図
  • バックアップ処理時間を大幅に短縮できます。
  • バックアップ中のLAN/WANの負荷を軽減できます。
  • バックアップと夜間メンテナンスのスケジュール調整が不要になります。

システムまるごと復元

システムディスク(Cドライブ等)含めシステム全体をバックアップ対象にできます。更に、データベースについても、エージェントにより運用を停止することなく静止点を確保した状態が保護できます。
そのため、例えばシステムパッチ適用前にスナップショットを採取しておくだけで、パッチ適用後に問題が発生した場合でも、パッチ適用直前の状態に戻すことができます。

また、ディスクイメージでバックアップデータを保持しているため、業務サーバで障害が発生した際、VMware ESX Serverがあれば、バックアップデータ(ディスク)をRDM(Raw Device Mapping)で指定することで、仮想環境に業務サーバを最短10分で稼動させることが可能です。
バックアップデータを、業務サーバにリストアする場合にも、システム含めた全体を戻すことができるため、短時間で復旧することが可能です。

復元イメージ図
  • 仮想環境を活用すれば、短時間でシステム復旧できます(最短10分)。
  • バックアップによるデータベースの停止は不要です。

ネットワーク経由の外部保管(災害対策)

バックアップデータを、遠隔地の別サーバにネットワーク経由でレプリケーションすることで、災害対策が実現できます。独自の技術により、低帯域の環境でも、レプリケーションが可能です。

オンラインサイトが、災害などにより使用できなくなった場合、DRサイト(注)のバックアップサーバに保護されているデータを用いて、システムを復旧できます。また、バックアップデータのスナップショットを用いることで、通常の業務とバックアップを停止せず、バックアップデータの確認を行うことが可能です。

外部保管イメージ
  • WANの帯域を抑えることができます。
  • 万が一の場合は、遠隔地のDRサイトでシステムを復旧できます。
  • 業務を停止せず、バックアップデータを確認することで、復旧の訓練が可能です。

(注) DRサイト:ディザスターリカバリー(災害復旧)サイト


製品に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。