GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ディスク消去人 FAQ

トップ  |  機能  |  動作環境  |  価格  |  FAQ  |  カタログ・資料  |


ディスク消去人に寄せられたおもな質問と回答をまとめました。

回答

1. ライセンスの考え方

ライセンスは、1台のPCの消去につき1ライセンスとなります。
同じPCを何度消去されても、1ライセンスです。


2. 使用回数制限

1台のPCについて1ライセンスのみ、使用回数制限はございません。


3. 消去時間

消去時間は、ハードウェア環境の性能に依存しますが、UltraDMAアクセスに対応したハードウェア環境では、UltraDMAアクセスを使用することで消去時間が短縮できます。

【参考値:1GBあたりの消去時間】
UltraDMA4に対応したハードウェア環境で消去した場合

  • 0埋め、1埋め、乱数埋め(書き込み回数:1回)
    通常アクセス 2分30秒
    UltraDMAアクセス 55秒
  • DoD標準(米国国防総省規格)
    通常アクセス 12分25秒
    UltraDMAアクセス 4分50秒

4. 消去方法について

ディスク消去人では、5種類の消去方法から選択できます。

  • 0埋め(16進数の"00"を書き込みます)
  • 1埋め(16進数の"ff"を書き込みます)
  • 乱数埋め(乱数を書き込みます)
  • NSA標準(米国国防総省NSA規格)
  • DoD標準(米国国防総省規格)

使用していたパソコンを社内の別の部署に移設するなど、ファイル復旧ソフトなどでデータが読み取れなくなればデータの流出が防げることが明確な場合は、0,1,乱数埋めで消去することで問題ありません。
パソコンを廃棄するなど社外に持ち出すような場合は、特殊な装置でハードディスク上の残留磁気が読み取られる可能性があるため、NSA標準、DoD標準をご利用ください。


5. 何回実行すればデータは完全に消えるか

1回の消去ではハードディスク上に残留磁気が残るため、特殊な装置を使用することで消去前のデータが読み取られる可能性があります。
NSA標準、DoD標準の消去方法では、内部的に3回の消去を実施しており、ハードディスク上の残留磁気を特殊な装置を使用して読み取ろうとした場合でも、データが読み取られないようにデータを完全に消去することができます。


6. 消去実行回数の指定はできるか

0埋め、1埋め、乱数埋めについてのみ、1~9回まで指定できます。
NSA標準、DoD標準については、規定回数が決まっているので、回数指定はできません。


7. 購入時の媒体は?

CD-ROMでお届けいたします。
ライセンス数分コピーしてお使い頂けます。


8. 対応OSは?

CD-ROMから起動したDOSで動作するため、消去対象となるディスクをフォーマットしたOSについては問いません。ディスク消去人は、DR DOSを内包していますので、別途DOSを用意する必要はありません。


9. RAID構成されたディスクは消せるか

RAID構成されたディスクの消去には対応していません。
RAID構成を解除してから個々のディスクに対して消去を行ってください。


製品に関する問い合わせ

お問い合わせフォーム

製品に関するカタログ・資料


トップ  |  機能  |  動作環境  |  価格  |  FAQ  |  カタログ・資料  |


  • このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
  • その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。
  • 仕様および価格は改良のため予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
  • このページに記載されている内容については、改良などのため予告なしに変更することがありますのでご了承ください。