GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. ディスク消去人

ハードディスクのデータを完全消去「ディスク消去人」

ディスク消去人 パソコンのハードディスクからデータを完全消去します
機能動作環境価格FAQカタログ
 

概要

ディスク消去人は、廃棄/リース切れにより返却するパソコンに接続されているハードディスクから、第三者に重要なデータが漏洩しないように、データを消去するための製品です。

こんなお客さまへ

  • パソコンを廃棄/リース切れにより返却しなければならない
    使用していたパソコンの廃棄/リース返却後、パソコンに接続されているハードディスクのデータが漏洩しないように消去しておきたい場合。
  • OSを含む全てのデータを消去したい
    DOSを持っていないが、OSを含む全てのデータをハードディスクから消去したい場合。
ディスク消去人機能イメージ
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください

特長

CD-ROMまたは起動USBメモリから起動可能

CD-ROMにDOSとコマンドが格納されているため、ハードディスクにインストールされているOSを含む全てのデータを消去できます。また、DR DOS®を組み込んでいるため、別途DOSを用意する必要がありません(英語表示)。

起動USBメモリは、ウィザード形式のディスク消去人起動USBメモリ作成ツールを使用することで、簡単に作成することができます。作成したUSBメモリから起動し、ディスクを消去してください。

消去方法は、5種類の消去方法から選択可能

  • 0埋め(16進数の"00"を書き込みます)
  • 1埋め(16進数の"ff"を書き込みます)
  • 乱数埋め(乱数を書き込みます)
  • NSA標準(米国国防総省NSA規格)
  • DoD標準(米国国防総省規格)

(ご注意)0埋め、1埋め、乱数埋めで消去する場合は、複数回の書き込みが可能です。

UltraDMAアクセスに対応

UltraDMA対応のパソコン/ハードディスクのデータを消去する場合、高速にデータ消去を行うことができます。

ディスクビュー機能を搭載

ハードディスクのデータが消去されたか確認が可能です。

ディスクビュー機能画面
 

データ消去操作の自動化が可能

コマンドラインパラメタの指定により、パソコンに接続されている全てのハードディスクを自動的に消去するなどの自動化が可能です。


製品に関する問い合わせ

お問い合わせフォーム

製品に関するカタログ・資料


機能  |  動作環境  |  価格  |  FAQ  |  カタログ・資料  |


  • JEITA(社団法人 電子情報技術産業協会)は、2002年8月7日に「パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関するガイドライン」を発表しています。
  • DR DOSはLineo, Inc.の登録商標です。
  • このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
  • その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。
  • 仕様および価格は改良のため予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
  • このページに記載されている内容については、改良などのため予告なしに変更することがありますのでご了承ください。