GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. CA Privileged Identity Manager / CA Privileged Access Manager

オンプレミスからクラウドまで、特権ユーザ管理を実現する「CA Privileged Identity Manager」/「CA Privileged Access Manager」

オンプレミスからクラウドまで、特権ユーザ管理を実現する「CA Privileged Identity Manager」/「CA Privileged Access Manager」
 

概要

CA Privileged Identity Manager(旧CA ControlMinder)は、オペレーティングシステムに依存することなく、重要なサーバリソースを保護することができる製品です。
特定のシステムリソースへのアクセスについて、どのユーザがそのアクセスで何をするのか、どのような環境下でアクセスが許されるのか、といった制御をポリシーベースで実施しアクセス制御およびログ取得を行います。
また、CA Privileged Access Managerは、ゲートウェイ機能によりリモートアクセス時の認証強化、動画取得、アクセス制御を実現します。
両製品により、物理環境からクラウドのインフラ基盤となる仮想化環境の、特権ユーザ管理を実現します。

当社では適用設計支援サービスや導入支援サービスも合わせてご提供しております。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください

特長

OSだけではできないアクセス制御で、情報漏えい対策を強化

  • 特権ユーザIDによる不正アクセスを制御
  • 本当に必要なアクセス権限だけを付与し、権限の無いユーザからの情報漏えいを防止
  • 改ざん不可能な監査ログ

複数サーバ管理業務の作業負担を軽減

  • マルチプラットフォームでも、統一されたViewで簡単運用
  • 複数サーバの一元管理で、ユーザID管理やセキュリティポリシー管理の工数を削減

既存システムへの導入が容易

  • 業務への影響を確認しながら仮運用できるので、簡単・安全にアドオン

適用設計や導入など事前作業を支援

  • 適用設計支援サービスで、要件整理と要件実現のための設計を支援
  • 導入支援サービスで、導入、製品導入、ポリシー定義、動作検証を実施
    手順書にまとめ、お客様にて運用が行えるよう、設計内容・操作方法の説明を実施
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください

機能  |  適用例  |  システム構成  |  価格・支援サービス  |


このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。