GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. AuthBrowserSwitch

FUJITSU セキュリティソリューション AuthBrowserSwitch(オースブラウザスイッチ)

インターネット分離環境のユーザー利便性向上 FUJITSU セキュリティソリューション AuthBrowserSwitch

新着情報

  • 2016年12月16日
    Microsoft® リモートデスクトップ接続に対応した「AuthBrowserSwitch V1L30」を販売開始しました
  • 2016年11月18日
    「AuthBrowserSwitch ユーザープロファイル同期 V1L10」を販売開始しました

AuthBrowserSwitchは、情報漏えいを低減する「インターネット接続分離システム」において利便性を向上するツールです。
  1. 社外のWebサイトからのウイルス感染リスクを排除する「インターネット接続分離システム」
  2. AuthBrowserSwitchで「インターネット接続分離システム」の利便性向上
  3. 移動ユーザープロファイルから除外されたCookieが仮想ブラウザで利用可能
    (AuthBrowserSwitch ユーザープロファイル同期)

1.社外のWebサイトからのウイルス感染リスクを排除する「インターネット接続分離システム」

「インターネット接続分離システム」(注)は、社外Webアクセス環境と社内業務システム環境を切り離すことで社外のWebサイトからのウイルス 感染リスクを排除できます。


インターネット接続分離システム

注:「インターネット接続分離システム」の実現方法
  • 社外Webアクセス環境としてVDIサーバで仮想化したWebブラウザを配置
  • 社外Webアクセス環境と社内業務システム環境をファイアーウォールで論理的に分離し、仮想化したWebブラウザ画面の画像転送のみ許可

社内業務システム環境は、仮想化したWebブラウザの画像以外の通信がファイアーウォールによって遮断され、セキュアな環境になります。


ただし同システムでは、社外のWebサイト閲覧には社外Webアクセス用、社内業務では社内用というように、 利用者が意識して複数のブラウザを使い分ける必要があります。


利用者がURLに応じてブラウザを使い分け

2.AuthBrowserSwitchで「インターネット接続分離システム」の利便性向上

AuthBrowserSwitchは、URLに応じたブラウザを自動的に起動する機能をご提供し、利用者の利便性を向上します。

AutnBrowserSwitchでブラウザを自動切替え

3.移動ユーザープロファイルから除外されたCookieが仮想ブラウザで利用可能
(AuthBrowserSwitch ユーザープロファイル同期)

AuthBrowserSwitchの関連製品「AuthBrowserSwitch ユーザープロファイル同期」を使用することで、移動ユーザープロファイルやCitrix Profile managementから除外されたCookieを利用端末など別の場所に退避し、必要なときに復元することが可能となり、利用者の利便性が向上します。


ユーザープロファイルの同期


仮想ブラウザで利用するCookieは移動ユーザープロファイルに含まれ、仮想システムを構成するActive Directory®にデータとして保存されます。
また、仮想ブラウザ起動時には、Active Directoryに保存されたCookieが、仮想ブラウザに復元されます。
この時、Cookieの数が増加すると、復元にかかる時間も増大するため、仮想ブラウザの起動性能を劣化させる場合があります。 特に始業時は大量のパソコンが同時に起動するため、ユーザープロファイルの復元が一斉に発生し、システムに掛かる負荷が大きくなります。このため、仮想ブラウザの起動性能を確保するために、移動ユーザープロファイルに格納できるCookieの数を制限する、または全く含めないようにするといった対処が行われています。
この対処では、仮想ブラウザでのブラウジング時にCookieに保存した情報が失われるため、利用者はWebページの設定などを、毎回やり直す必要があり、利便性が低下しますが、「AuthBrowserSwitch ユーザープロファイル同期」を使用することでCookieを退避・復元することができます。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。