GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

「Portshutter Premium Attachecase オプション」機能

Portshutter Premium Attachecase オプションは、不正デバイスを使わせず不正ネットワークに接続させないパソコンの情報漏えい対策ソフトである 「Portshutter Premium」に、パソコンの盗難・紛失を想定した対策を追加するものです。

【Portshutter Premium Attachecase オプションの機能】

パソコンのデータレス化

パソコンを持ち出す時に必要なファイルは、パソコン内の特定のフォルダー(以下:秘密分散領域)に格納します。
パソコンを持ち出す時には不必要なファイルや一時ファイルを削除したうえで秘密分散領域に格納されたデータのみを持出します。

パソコンのデータレス化

秘密分散によるデータの難読化

パソコン内の秘密分散領域に格納されたドキュメントやイメージなど各種ファイルを、特殊な形式に変換して2つに分割します。
分割した片方(以下:分散片)をパソコン内に格納します。もう1つの分散片をスマートデバイスまたはUSB メモリに格納します。

秘密分散によるデータの難読化

ファイルを復元するためには、2つの分散片が必要です。
持ち出したパソコンの紛失や盗難によってデータが読み出されたとしても、もう1つの分散片がないためファイルは復元されません。

作業中データへのアクセス制御(本人認証、離席検知)

アクセス制御には、以下の2つの機能があります。

本人認証機能

本人認証は、認証された利用者だけにパソコンの利用を許可する機能です。
認証には、パソコンで行う認証と、スマートデバイスで行うスマートデバイス認証の2種類があります。
スマートデバイス認証では、認証に使用するデバイスの事前登録が必要です。

本人認証機能

離席検知機能

離席検知は、離席時に第三者に画面を盗み見されたり、不正操作されたりすることを抑止するための機能です。
利用者が一定距離パソコンから離れたことを検知すると、パソコンをロックしてロック画面を表示し、利用者が戻るまでパソコンの不正操作を抑止します。

離席検知機能

製品に関する問い合わせ

お問い合わせフォーム

このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。