Skip to main content

English

Japan

Active Directory®アカウント更新ツール「Account Agent」 特長

管理コストを削減

組織変更時のアカウント更新の手間を大幅に削減

Active Directoryの標準ツールを使ってアカウントを管理する場合、組織変更のたびに膨大な時間がかかります。
Account Agentは、人事DBデータを入力ファイルにすることで、大規模な組織変更でも、簡単にアカウントの一括更新ができます。

組織変更時の手順イメージ

人事DBなどから出力したCSVファイルを入力として、一括でアカウントを更新

他システムとの連携が可能

入力ファイルのフォーマットは可搬性の高いCSV形式を採用しています。人事DBなどの他システムとの連携やExcel®による編集が簡単です。
また、Account AgentはExchangeとも連携し、Active Directory上のアカウント作成と同時に、メールボックスの作成や電子メールの設定、連絡先アカウントの作成が可能です。

日々のアカウント管理の負担を軽減

Windows®のタスク スケジューラ機能を利用した指定時間でのアカウント更新が可能。また、実行結果の確認はAccount Agentから送信されるメールをチェックするだけです。

Office 365®のライセンス情報の管理コストを低減

付属のライセンス管理ツールは、オンプレミスのActive Directoryのユーザーから同期されたOffice 365ユーザーに対してライセンスの更新を一括で実施ツールです。

Office 365のユーザーのライセンス更新を1件ずつ手動で行わなくても、ライセンス割当指定ファイル(CSVファイル)に一覧を作成しておくだけで、ライセンス管理ツールが一括でライセンス更新を実施します。

Office 365™のライセンス情報を一括更新

Office 365は、標準のディレクトリ同期ツールを使用して、オンプレミスのActive Directoryと同期されていることが前提です。

セキュリティを向上

手作業によるミス撲滅

Active Directory標準の管理ツール「ユーザーとコンピュータ」では、アカウントを1つずつ登録・変更する必要があります。このような単純作業ほどミスが発生しやすくなります。また、ドラッグ&ドロップでOUを移動するときに誤ったOUに移動させてしまうなど、手作業による単純ミスはなくなりません。
Account AgentはCSVファイルを使ってアカウントを管理するため、手作業によるミスを撲滅します。

不要なアカウントを確実に無効化

休職者や退職者といった不要なユーザーアカウントをActive Directory上に残しておくことは、セキュリティホールになる恐れがあります。
Account Agentは人事DBの情報を元に一括更新できるので、確実に不要なユーザーアカウントを無効化でき、セキュリティを確保します。

導入コストを低減

専用サーバ、DBは不要で簡単に導入

Account Agentは専用サーバやDBは不要です。また、ドメインコントローラだけでなく、運用者様のパソコンにも簡単にインストールすることができます。

圧倒的なコストパフォーマンスを実現

アカウント管理に必要十分な機能を搭載することで低価格を実現しています。


製品に関する問い合わせ

製品に関するカタログ・資料


このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。