Skip to main content

English

Japan

Active Directory®アカウント更新ツール「Account Agent」 動作環境

Account Agent の動作環境

更新ドメイン環境

OS Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2016
ドメイン機能レベル 規定しない(ネイティブモード、混在モードのどちらでも可能)
必須OU構成 ユーザー管理用OU、グループ管理用OU、連絡先管理用OUがそれぞれ1つ以上必要。
無効ユーザー用OUがドメインルートに必要。
(連絡先管理OUはExchange連携をしない場合、あるいはOffice 365®対応を利用しない場合は不要)

Exchange環境(Exchange連携時)

Exchange Microsoft® Exchange Server 2010
Microsoft® Exchange Server 2013
Microsoft® Exchange Server 2016
Active Directoryでの位置づけ ドメインコントローラ、またはメンバーサーバ
処理モード ネイティブ
複数運用 Exchange の複数運用はサポートしておりません

Account Agent 運用マシン

OS 注1 Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2016
Windows® 7 Ultimate
Windows® 7 Enterprise
Windows® 7 Professional
Windows® 8.1 Enterprise
Windows® 8.1 Professional
Windows® 10 Enterprise
Windows® 10 Professional
メモリ (注2) 500ライセンス 256MB以上
1,000ライセンス 256MB以上(推奨512MB以上)
大規模ライセンス 512MB以上(推奨1GB以上)
ディスク (注3) 500ライセンス 10MB以上の空き容量
1,000ライセンス 15MB以上の空き容量
大規模ライセンス 1,000アカウントごとに10MBの空き容量
ソフトウェア Exchange 連携なし
「Microsoft® .NET Framework Version 3.5」

Exchange 連携
「Microsoft® .NET Framework Version 3.5」
「Windows® Powershell™ 2.0」
Active Directory
での位置づけ
ドメインコントローラ、またはメンバーサーバ(メンバークライアント)
Account Agent 実行に
必要なアカウント権限 (注4)
ドメインの管理者権限(Administratorsグループ、またはDomain Adminsのメンバーユーザー)
PowerShell™ 設定 実行セキュリティポリシー
ローカルに保存されたスクリプトは実行可能に設定。
PowerShell で以下のコマンドを実行することで設定可能。
Set-ExcecutionPolicy RemoteSigned

注1:OSの32bit版および64bit版のサポートについて
   Exchange Serverと連携しない場合:OSの32bit版および64bit版をサポートします。
   Exchange Serverと連携する場合:Exchange管理ツールが動作する32bit版および64bit版を
   サポートします。

注2:ライセンス数により異なります。

注3:ライセンス数により異なります。

注4:Exchange連携時は、Organization Managementグループも必要です。

ライセンス管理ツールの動作環境

更新ドメイン環境

OS Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2016
ドメイン機能レベル 規定しません。

ライセンス管理ツール運用マシン

OS Microsoft® Windows Server® 2008 R2
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2016
メモリ 2GB以上(推奨 4GB 以上)
ディスク 2GB以上(推奨 4GB 以上)の空き容量
ソフトウェア Microsoft® .NET Framework 3.5 SP1
Microsoft® Online Services サインイン アシスタント (IDCRL7)
Windows® PowerShell™ 用 Windows® Azure Active Directory® モジュール
ライセンス管理ツール実行に必要なアカウント権限 オンプレミス Active Directory®
Domain Users 権限以上

Office 365™
ユーザー管理の権利者権限、または、全体管理者権限
PowerShell™ 設定 実行セキュリティポリシー
ローカルに保存されたスクリプトは実行可能に設定。
PowerShell で以下のコマンドを実行することで設定可能。
Set-ExcecutionPolicy RemoteSigned

Account Agentを利用する場合は、Account Agentと同じサーバで運用する必要があります。


製品に関する問い合わせ

製品に関するカタログ・資料


Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Powershell、Active Directoryは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
LDAP Managerはエクスジェン・ネットワークス株式会社の商標または登録商標です。
このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。