GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 商品一覧 >
  3. アカウント情報連携システム(Account Agent Enterprise)

FUJITSU ビジネスアプリケーション アカウント情報連携システム (Account Agent Enterprise)

アカウント情報連携システム

新着情報

  • 2020年4月20日
    「アカウント情報連携システム V5L30」を販売開始
    Azure Active Directory 環境および Exchange Hybrid 環境におけるアカウント管理に対応

アカウント情報連携システム(Account Agent Enterprise)は、オンプレミス・クラウド上のコミュニケーション基盤(Active Directory、Exchange Server、Skype、Office 365、Azure Active Directory)に関わるアカウントやライセンス情報を人事DBと連携することで、コミュニケーション基盤の運用を効率化します。

概要図
 
  • 人事DBと連携して、様々なアカウントやライセンスを自動的に一元管理(注1)することで、運用を効率化
  • 自動連携により、不要なアカウントを確実に無効化できるので、セキュリティリスクを低減
  • 管理権限の委譲機能により、管理者の負荷を平準化

注1:アカウント情報連携システムをWindowsタスクに登録することで、指定した時刻に自動的にアカウント情報を更新できます。Web画面から個別にアカウント情報の更新することもできます。


また、アカウント情報連携システム(Account Agent Enterprise)のクラウドストレージオプションは、BoxのユーザーとグループをオンプレミスのActive Directoryと連携することで、コミュニケーション基盤の運用を効率化します。

関連商品

  • FUJITSU ビジネスアプリケーション Account Agent 
    「Account Agent (アカウントエージェント)」は、Active Directory、Exchange のアカウント管理コストを最適化するツールです。また、Active Directoryのアカウントと同期するOffice 365™のアカウント管理、ライセンス管理が可能です。
  • LDAP Manager (エルダップマネージャー)
    LDAPサーバを中心としたユーザー情報統合管理システムを構築するためのメタディレクトリ製品です。Windowsドメイン、DBシステム、異なるディレクトリ、業務アプリケーションなどのシステム毎に存在しているユーザーアカウント情報をLDAPサーバで一元管理し、同期することができます。

製品に関する問い合わせ

お問い合わせフォーム

製品に関するカタログ・資料

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。