静的解析による品質向上支援ツール FUJITSU Software Agile⁺ Relief J Java言語のソースプログラムに潜む
問題箇所を洗い出す静的解析ツール

2020年8月28日、新バージョン「Agile⁺ Relief J V1.1」を販売開始!
詳細は強化ポイントをご覧ください。

Agile⁺ Reliefで品質改善すると、コスト削減につながります

Agile⁺Reliefを利用することにより、コーディング工程で問題点の大部分を洗い出すことが可能です。この結果、後工程であるテスト工程や保守工程での修正作業は大幅に減少します。修正作業は、後工程になればなるほど、工数が増えて、大きなコストがかかるのが一般的です。したがって、Agile+Reliefの活用によって、品質向上効果だけでなく、コスト削減、開発期間の短期化も、同時に得ることができるのです。システム開発の現場で、ぜひAgile⁺Reliefをお役立てください。


関連製品

このページに記載されている各社名および製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。

Agile⁺ Relief Jに関するお問い合わせ・ご相談

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • sec2_img1.jpg
ページの先頭へ