GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

IoT

「モノ」と「モノ」をつなぎ、夢を実現するIoT

「モノ」と「モノ」をクラウドにつなぐことで、あらゆる物事をデータ化し、膨大なデータを収集。
富士通ソフトウェアテクノロジーズの持つセンシング技術、エッジ技術、AI技術など、 様々なデジタル技術と融合させ、データを分析することで、 お客様との共創を通じてこれまで実現できなかった新たな価値を提供いたします。

できないと思っていることを「できる」に変える。

お客様の夢を共有し、これまでにない新たな価値を提案したい。

IoT 社員

松井 俊訓

長年培ったセンサーネットワークや組込み機器の開発ノウハウを活用し、IoTによる新たな価値を提供しています。
例えば、製造現場では異常発生時にクリーンルームに入室する必要がありました。
IoTにより遠隔地から異常を予測し、かつ遠隔地からリモートでクリーンルーム内の制御装置を操作することにより、この問題を削減しています。
また動線解析や自動運転など、社会をより便利に、より豊かにするシステムを提供しています。

適用例

1. 体操競技における採点支援

3Dレーザーセンサーによって立体的かつ高精度に取得された人の動きの3Dデータに対し、骨格の認識および動きを解析することで、競技の判定に必要な数値データを導き出し、審判の採点を支援。

採点支援

拡大イメージ (66 KB)


・高速な骨格認識

3Dモデリング技術と画像処理技術を融合し、機械学習モデルを作成。
センサーが取得したデータに対して、自動的にノイズを除去するツールを開発することで、機械学習に適したデータの生成を実現。

2. 物流倉庫における動線管理ソリューション (N社様)

ウェアラブルセンサーにより測定した作業員の動線を見える化して現場状況を把握。収集データを分析して作業員の安全な配置や作業効率の良い倉庫のレイアウトなど、現場改善を支援。

動線管理

拡大イメージ (186 KB)

・初期導入が容易

センサーは持つだけ、ビーコンは設置するだけで簡易に導入が可能複雑なインフラ工事は不要。

・豊富な見える化の技法

物流倉庫の業務特性に合わせて作業員の動きを見やすくグラフ化するデータ解析アプリケーションを開発。


特長

IoT 機器だけでなくシステム全体に渡る開発実績

4,200件以上のエンベデッド開発実績と、以下の実績によるノウハウにより、IoT機器だけでなく、全体を見据えたIoTシステムをご提案します。

  • スマートデバイスセキュリティや秘匿通信の開発
  • 1,000件以上のクラウドシステム構築
  • AIを活用したビッグデータ分析

エッジデータ収集基盤(EC基盤)

IoTゲートウェイ装置におけるセンサーデータの情報収集のノウハウを活用し、様々な分野に展開可能な汎用的な情報収集基盤を実現します。

アジャイル開発技術を活用

50名を超えるアジャイル開発技術者による12年以上の開発実績で培ったアジャイル開発技術を活用し、スピーディな共創を実現します。

富士通ソフトウェアテクノロジーズは、アトラシアン社認定のパートナー(Atlassian Solution Partner)です。
「アトラシアン製品」は、アジャイル開発によるアプリケーション開発やサービス運用を行うチームに対して、生産性向上を支援するためのソフトウェア群です。

富士通ソフトウェアテクノロジーズは、アトラシアン社認定のパートナー(Atlassian Solution Partner)です

エンベデッドとAIなどの技術を活用し、
お客様の業種や目的に合わせたIoTソリューションを共創

IoTの特長


お問い合わせフォーム

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。