GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

AI

デジタルビジネスを成功に導くAI

統計学、コンピュータサイエンス、AIアルゴリズムを駆使して膨大なデータの中から、お客様のビジネス価値を素早く抽出。
AIテクノロジーの実証実験からシステム開発まで、お客様のビジネス課題の解決を強力に支援いたします。
豊富なAIシステム導入実績を活かし、データサイエンティストチームがお客様のビジネスを新しい次元に導きます。

AIでデジタルシフトを加速、よりよいデジタル社会の進化に貢献していきます。

お客様とのビジネス共創により、お客様のビジネスアイデアと私たちのAIテクノロジーを融合させ、デジタルシフトがもたらすビジネス価値を最大限に高めていきたい。

AI 社員

蔦谷 雄一

AIの適用領域は日進月歩で拡大し続けています。
例えば、AIによる設備の故障予兆を検知することで重大事故を未然に防ぐ取り組みや、自動車の自動運転など、ひと昔前には「夢」と呼ばれていた新しいビジネスが続々と開発されています。
私たちはAIの先進企業として、新しいビジネス価値をお客様と共に創造し、デジタル技術による豊かな未来の実現に貢献していきます。


適用事例

1. コールセンター向け AIコールセンターシステム構築

コールセンターの過去の応答履歴から最適な回答を導きだすための、精度の高い自動応答ルールを生成。

事例 - コールセンター向け AIコールセンターシステム構築

拡大イメージ (87 KB)

2. 自治体施策の改善向け風評分析システム構築

Twitterに流れている自治体の風評を分析・可視化。市民の改善要望を先取りし、施策改善などにより顧客満足度を向上。

事例-自治体施策の改善向け風評分析システム構築

拡大イメージ (124 KB)


特長

15名のデータサイエンティストによる約500件の対応実績

富士通研究所、富士通総研などの富士通グループ内パートナーとの共同開発や協調による豊富な対応実績を元に、データサイエンティスト、データアナリストがコンサルティングから環境構築まで対応します。

AIの中核となる30種以上の技術を数多く保有・活用

データマイニングや機械学習などの数多くの技術を活用し、お客様の期待に応えます。

数多くのAI技術を活用し、お客様の期待する情報利活用システムを設計・構築

AIの特長


主なAIの中核技術

技術 技術概要
ハイブリッドマイニング 統計学的手法にて大量のデータの中から隠れた法則を導き出す「データマイニング」と、大量のテキスト情報に含まれる文章群から自動的に抽出したキーワードの頻度や関連性から隠れた知見を抽出する「テキストマイニング」との組み合わせから統合的な知見を見つけ出す技術
時系列予測 需要予測などに適応される時系列データの過去の傾向からから未来の予測値を導き出す技術
生存予測 機器の故障予測などに適用される、様々な監視データを用いて故障等のイベント発生時期を推定する技術
Linked Open Data (LOD) データセット群をRDF形式(注)で誰にでも利用できるように公開し、リンクさせていく仕組み
Deep Learning 機械学習の一つで多層構造のニューラルネットワークを用いて分類や回帰を行う人工知能の一手法
個人情報秘匿化 個人情報を秘匿化し情報利活用できるデータにする技術
異種データ結合 形式の異なるキー項目を持つデータセットを紐付けてデータを統合する技術
並列分散処理 蓄積したビッグデータを高速に取り出して活用する技術

注:RDF形式:データの属性を記述するための統一された枠組み


関連製品・サービス

  • FUJITSU Human Centric AI Zinrai(Zinrai プラットフォームサービス)
  • FUJITSU Business Application CHORDSHIP Digital Agent
  • FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics
  • FUJITSU Software Interstage Business Analytics Modeling Server
  • FUJITSU Software Interstage Big Data Parallel Processing Server
  • OSS(Apache Hadoop, Mahout , Pentaho, Qlikview, R, Spark, Tableau)
  • SAP® BusinessObjects®
  • Oracle®
お問い合わせフォーム

 


このページに記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
その他、本ページに記載されているシステム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。