株式会社エム・オー・エム・テクノロジー、株式会社エヌジェーシー、株式会社クオリティライフ・クリエイトによる
レセプト精度診断AIシステム「a.iブレーン(アイ ブレーン)」提供開始のプレスリリース発表で
当社のエンドースメントが掲載されました。

株式会社エム・オー・エム・テクノロジー株式会社エヌジェーシー株式会社クオリティライフ・クリエイトは、2020年11月27日、業界初の電子カルテデータとAIを活用した病院経営支援・業務改善サービスレセプト精度診断AIシステム「a.iブレーン(アイ ブレーン)」の提供を11月末から開始することを発表いたしました。

このサービスは、2018年下期から複数のモデル病院での実証を経て、病院の診療報酬における査定・返戻を減らすことを目的とした従来商品とは全く異なり、電子カルテデータとレセプト(診療報酬明細書)データをAIの機械学習を使って診療報酬算定の精度向上を図るシステムと、本システムを活用した病院の経営効率・業務改善を支援するものです。

このプレスリリースに応じて、当社から以下のエンドースメントを出しております。

代表取締役社長 新田 将人
株式会社 富士通ソフトウェアテクノロジーズは「レセプト精度診断AIシステム“a.iブレーン”」が提供開始されることを心より歓迎いたします。
弊社AI技術が“a.iブレーン”の提供を通じて、多くの病院の医療事務に従事する方の働き方改革と業務改善などのデジタルトランスフォーメーションに貢献できるものと期待しております。

当社が提供した技術の詳細は以下をご参照ください。
高精度なAI予測・推定モデル開発技術


Agile Japan 2020