GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. トピックス >
  4. 2011年 >
  5. 東北5工場、東日本大震災以前のフル生産レベルに復旧

お知らせ

2011年6月9日
富士通セミコンダクター株式会社

東北5工場、東日本大震災以前のフル生産レベルに復旧

3月11日の東日本大震災、および4月7日と11日の大型の余震により被災した、当社グループの東北の5工場はこのほど、アウトプットベースで大震災以前のフル生産レベルに復旧しました。

今回の東日本大震災では、電力等のライフライン供給が停止しましたが、その回復後は、3年前に策定したBCM ()にもとづいて、全社一丸となり被災工場の復旧に取り組みました。お客様からご理解・ご協力、装置メーカー様や材料メーカー様からご支援・ご協力をいただき、大震災から早期に復旧することができました。

当社は、3年前に2回にわたって発生した岩手県の大地震(2008年6月14日:岩手・宮城内陸地震、同年7月24日:岩手北部地震)の被災経験から、前工程工場は7日間、後工程工場は3日間で、それぞれ復旧するBCMを構築しました。その対策の主な内容は、以下のとおりです。

  1. 詳細なBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の策定
  2. マルチファブの推進
  3. 部品や材料の安定調達
  4. 製造設備の免震・耐震施策のさらなる実施
  5. 模擬災害訓練の実施

マルチファブ対策としては、前工程工場の生産品目の一部は当社の三重工場に、後工程工場の生産品目の一部は富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ株式会社の九州工場、および南通富士通(中国江蘇省)に、それぞれ移管することにより、製品の出荷遅延を最小限にとどめました。

当社は、今後も継続して万全なBCMを実施し、お客様への安定的な製品供給に努めてまいります。

注釈

注  BCM:

Business Continuity Management(事業継続マネジメント)


報道関係者お問い合わせ先

富士通セミコンダクター株式会社
パブリックリレーションズ部
icon-telephone 電話: 045-755-7009(直通)
icon-form お問い合わせフォーム