GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2016年 >
  5. 54Mバイト/秒のデータ転送が可能な4Mビット クワッドSPI FRAMを開発

プレスリリース

2016年2月18日
富士通セミコンダクター株式会社

54Mバイト/秒のデータ転送が可能な4Mビット クワッドSPI FRAMを開発

~ネットワーク機器の性能向上に貢献する、高速動作の不揮発性メモリ~

富士通セミコンダクター株式会社(注1)は、クワッドSPIインターフェースの不揮発性RAM市場では最大容量となる、4MビットFRAM(注2)「MB85RQ4ML」を開発し、サンプルの提供を開始しました。

本製品は、1.8V単一電源で動作し、4本の入出力ピンをもつクワッドSPIインターフェースを採用することで、54Mバイト/秒のデータ転送速度を実現しています。

この高速動作と不揮発性メモリの特長により、ネットワーキング、RAIDコントローラ、産業用コンピューティング分野での使用に最適です。

図1: MB85RQ4MLのパッケージ

当社はこれまで、FRAMの「不揮発性」、「高速書換え」、「高書換え耐性」、「低消費電力」の特長を生かして、ウェアラブル市場やIoT市場向けにFRAMを使用したバッテリーレス・ソリューションを提案してきました。

今回、不揮発性RAMのインターフェースに対する高速化の要求の高まりに応えて、当社のFRAM製品群では最速のデータ転送速度をもつ4MビットFRAM「MB85RQ4ML」を開発しました。 (図1)

図2: 当社従来品とのデータ転送速度比較

本製品は、1.8V単一電源、クワッドSPIインターフェースを採用しており、108MHz動作によって54Mバイト/秒でのデータ転送が可能です。当社の従来品では、16ビットの入出力ピンをもつ44ピンのパラレルインターフェースの4MビットFRAMが一番速い13Mバイト/秒でしたが、本製品は少ないピン数でその約4倍の速度でデータのリード/ライトが可能です。(図2)

MB85RQ4MLは、連続的に設定データを書換えするルータなどのネットワーク機器に最適です。データを保存する大容量の不揮発性メモリと、高速のワークメモリの中間に位置して、高速アクセスでのデータ書換えとデータのバックアップをサポートします。(図3)

図3: ルータのメモリ使用例

ビッグデータをあつかうIoT市場では、データ処理量が増加しており、メモリには頻繁なデータ書換えが要求されます。また、セキュリティの観点からもアクセス履歴の保存が重要視されつつあります。このような背景に対して、本製品はネットワークキング分野のアクセス情報を保護するメモリとして、機器の性能向上に貢献します。

当社は、今後もお客様のアプリケーションの価値と利便性を向上させるために、プロダクトとソリューションを提供していきます。

主な仕様

  • 製品名:MB85RQ4ML
  • メモリ容量(構成):4Mビット(512K x 8ビット)
  • インターフェース:SPI/クワッドSPI
  • 動作電源電圧:1.7V~1.95V(単一電源)
  • 書込み/読出し保証回数:10兆回(1013回)
  • データ保持特性:10年(+85℃)
  • パッケージ:16ピンSOP

注釈

注1  富士通セミコンダクター株式会社:
本社 神奈川県横浜市、代表取締役社長 曲渕 景昌。
注2  FRAM:
Ferroelectric Random Access Memory
強誘電体メモリ。強誘電体膜をデータ保持のキャパシタに利用したメモリ。電源を切っても内容を保持する。データの高速な書込み動作、低消費電力、書換え回数が多いといったROMとRAMの長所をあわせ持つ。FeRAMとも呼ばれる。当社では、1999年より量産開始。

商標

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

本件に関する問い合わせ先

富士通セミコンダクター株式会社
システムメモリ事業部
マーケティング部
icon-telephone 電話: 045-755-7035(直通)
icon-form お問い合わせフォーム

GTM-MMQ934