GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレスリリース >
  4. 2014年 >
  5. 富士通セミコンダクターとオン・セミコンダクターが戦略的パートナーシップを締結

プレスリリース

2014年7月31日
富士通セミコンダクター株式会社
オン・セミコンダクター

富士通セミコンダクターとオン・セミコンダクターが戦略的パートナーシップを締結

富士通セミコンダクター株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:岡田 晴基、以下、富士通セミコンダクター)とオン・セミコンダクター(本社:米国アリゾナ州フェニックス、社長兼CEO:Keith Jackson)は、オン・セミコンダクター製品の製造に関するファウンドリ契約の締結および富士通セミコンダクターが福島県会津若松市に設立する200mm工場会社(以下、新会社)への少額出資に関する契約の締結をいたしました。

ファウンドリ契約に基づいて、新会社に移管する200mm前工程製造ラインでオン・セミコンダクターの製品を生産いたします。1年以内の量産開始を予定しており、オン・セミコンダクターにとっては新たな生産能力の確保につながります。

さらに、パートナーシップを強固なものにするために、両社はオン・セミコンダクターが新会社に10%の資本参加をすることに関し契約を締結しました。オン・セミコンダクターの出資額は7億円の予定です。新会社への出資手続きは、関連当局の承認の取得および諸条件の成就を条件として、2014年度第3四半期もしくは第4四半期までに完了する見込みです。

富士通セミコンダクター 代表取締役社長 岡田晴基のコメント

新会社がグローバルに戦える企業として成長することにより、従業員の雇用を維持し、会津若松地区の発展にも大きく貢献できると考えています。今回のオン・セミコンダクターとのファウンドリ契約締結および新会社への少額出資に関する契約締結は、両社のビジネス拡大を大きく促進するものと期待しています。

オン・セミコンダクター 社長兼CEO Keith Jacksonのコメント

これはさらなる生産能力の確保のための戦略的な投資であり、今後の生産および売上の拡大が可能になります。さらに、今回の富士通セミコンダクターとの契約締結で、業界トップレベルの製造コスト構造の持続および最適な設備投資が実現できると確信しています。

富士通セミコンダクターに関する詳細は以下をご覧ください。
富士通セミコンダクター

オン・セミコンダクターに関する詳細は以下をご覧ください。
オン・セミコンダクター

本件に関するお問い合わせ

富士通セミコンダクター株式会社
経営戦略室
icon-telephone 電話: 045-755-7009

icon-form お問い合わせフォーム

オン・セミコンダクター
堀内伸郎(Nobuo Horiuchi)
Media Relations
icon-telephone 電話: 03-5817-1055
icon-mail E-mail: Nobuo.Horiuchi@onsemi.com


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。