GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通四国インフォテック

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 四国地区におけるビジネス推進体制の強化について

プレスリリース

2009年3月16日
富士通株式会社
株式会社富士通エフサス
株式会社富士通四国システムズ
株式会社富士通四国インフォテック

四国地区におけるビジネス推進体制の強化について

富士通株式会社(以下、富士通)、株式会社富士通エフサス(以下、富士通エフサス)、株式会社富士通四国システムズ(以下、富士通四国システムズ)および株式会社富士通四国インフォテック(以下、富士通四国インフォテック)は、四国地区におけるビジネス推進体制の強化を図るため、4月1日付にて、以下のフォーメーション見直しを実施します。

  • 保守(メンテナンス)ビジネス推進体制の再編
    -地域密着型の保守会社「富士通エフサス四国カスタマサービス株式会社」を新設
    -現在、四国地区の保守を担当している富士通エフサスのCE(Customer Engineer:保守要員)部門の一部と富士通四国インフォテックのCE部門を新会社へ移管し、四国地区におけるお客様の保守業務を集約することにより、経営と業務を効率化し、お客様対応力を強化
  • ソリューションビジネス推進体制の強化
    -富士通が保有する富士通四国インフォテックの全株式を富士通四国システムズへ譲渡することにより、同社の100%子会社とし、SE連携を強化

現在、ITはお客様の経営、ビジネス、競争力強化に必要不可欠なものとなっており、富士通グループでは、ITシステム構築・保守を行うテクノロジーソリューション分野を事業の柱に据え、新たな事業構造への変革を目指しています。その一環として、四国地区におけるビジネス推進体制についても、以下の通り強化を図り、四国地区に密着した経営パートナーとして、お客様サービスの強化、拡充、ビジネスの発展に貢献します。

1.保守ビジネス推進体制の再編、強化

現在、富士通エフサスは、富士通グループのITインフラ・サービスの中核会社として、情報システムにおけるITインフラの企画・設計、構築、設置・工事から運用・保守に至るITライフサイクル全般に渡るサービスを提供し、サービスの充実を図っています。お客様先での保守サービスに関しては、これまでお客様のIT活用の高度化に対応し、富士通エフサスと、富士通エフサスの全額出資子会社であるエフサス・テクノ株式会社をはじめとする富士通エフサスの関係会社、およびCEパートナーによる体制を通じてサービスを提供してきました。

一方、富士通四国インフォテックは、四国地区のお客様を主として、コンサルティングからシステム構築、運用支援、保守などを提供するトータルソリューションプロバイダとしてサービスの拡充に努めています。さらに保守サービスについては、従来から、サービスの向上を図るとともに、拠点や人員などの最適化、効率化を推進してきました。

今般、富士通エフサスが進めている情報システム分野における保守サービス体制再編の一環として、富士通エフサスが4月1日付で新会社「富士通エフサス四国カスタマサービス株式会社」を設立します。この新会社に富士通四国インフォテックのCE部門も集約することで、四国地区における拠点、人員配置の最適化を実現するとともに、以下の内容を強化して保守サービスの品質向上、お客様サービスの強化、拡充を図ります。

  • 地域特性に応じた保守体制の構築、きめ細かいサービスの提供
  • 現場対応力、問題解決能力、お客様とのコミュニケーション力の強化
  • 事業継続マネジメント(BCMS:Business Continuity Management System)を含めた提案活動の強化

【新会社の概要】

  1. 設立日: 2009年4月1日
  2. 社名(商号): 富士通エフサス四国カスタマサービス株式会社
  3. 代表者: 代表取締役社長  内藤 正剛(ないとう せいごう)
    (現富士通エフサス  サポート統括本部長代理)
  4. 資本金: 5,000万円
  5. 本店: 香川県高松市藤塚町1-10-30 アーバンスクエア高松ビル7階
  6. 目標売上高: 約14億円(2010年度計画)
  7. 従業員数: 約140名

【新会社の業務内容】

四国地区における情報サービス分野に関して下記の業務を実施。

  1. 情報通信機器およびそのシステムの構築、運用、保守
  2. 情報通信機器およびその部品の修理ならびに販売
  3. 情報通信機器およびそのシステムの運用・保守要員の派遣

2.ソリューションビジネス推進体制の強化

富士通四国インフォテックのCE部門を富士通エフサス四国カスタマサービス株式会社に移管するのと併せ、富士通が保有する富士通四国インフォテックの全株式を富士通四国システムズに譲渡することで、同社の100%子会社とします。これにより、経営効率化を進めるとともに、両社SEの連携をよりいっそう深め、技術サポート力と商品開発力を強化し、よりスピーディーかつ柔軟な事業展開を行うことで、四国地区のお客様ビジネスの発展に貢献します。

【連携強化、特化分野の明確化】

  • 自治体市税ビジネスにおける特化分野の強化
    (住民税、固定資産税、収納滞納等税トータルシステム)
  • 医療関連SEリソースの効率的活用
  • IDCビジネスリソースの集約(ファシリティ、要員、監視ソリューション、コールセンター)

富士通グループでは、今後も最適なビジネス推進体制を構築することにより、品質と信頼を高め、お客様にとってかけがえのないパートナーを目指します。

≪現在の各社の概要≫

株式会社富士通エフサス

  1. 代表者: 代表取締役社長  播磨 崇
  2. 資本金: 94億円
  3. 設立: 1989年3月1日
  4. 本店: 東京都港区
  5. 売上高: 2,500億円(2007年度)
  6. 従業員数: 4,902名(2009年2月現在)
  7. 事業内容: 情報システムの企画・設計、構築、設置・工事サービス、情報システムの運用サービス、情報システムのメンテナンスサービス、;情報システム向け機器・ソフトウェアの販売

株式会社富士通四国システムズ

  1. 代表者: 代表取締役社長  白山 健一
  2. 資本金: 2億円
  3. 設立: 2004年10月1日
  4. 本店: 香川県高松市
  5. 売上高: 138億円(2007年度)
  6. 従業員数: 683名(2009年2月現在)
  7. 事業内容: システムコンサルティングおよびシステムインテグレーション、パッケージソフトウェア開発および販売、アウトソーシングサービス

株式会社富士通四国インフォテック

  1. 代表者: 代表取締役社長  四元 新市
  2. 資本金: 5,000万円
  3. 設立: 1968年4月25日
  4. 本店: 香川県高松市
  5. 売上高: 82億円(2007年度)
  6. 従業員数: 343名(2009年2月現在)
  7. 事業内容: ソフトウェアとハードウェアなどの情報システム商品の販売、システムコンサルティングおよびシステムインテグレーション、パッケージソフトウェア開発、アウトソーシングサービス、保守サービス

以上

【お問い合わせ先】

富士通株式会社 広報IR室  高橋(03-6252-2175)

株式会社富士通エフサス 経営企画室  荒木(03-6430-2313)

株式会社富士通四国システムズ 総務部  坂本(087-812-8200)

株式会社富士通四国インフォテック 管理部  阿部(087-823-5111)