GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ファイアーウォールログ解析サービス

ファイアーウォールログ解析サービス

2017年3月をもちまして、本サービスの新規販売は終了いたしました。

つきましては、以下の代替商品をお求めいただけますようお願いいたします。

ご不便等お掛けしますが、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

サービス概要

ファイアーウォールにはログ解析が「必須」です。

ファイアーウォールを導入していても、実はひそかに攻撃を受けているかもしれません。せっかく設置したファイアーウォールもログのチェックをしないと、そのセキュリティ効果は半減してしまいます。ファイアーウォールログから不正アクセスの兆候を察知できれば、事前に対処することができます。しかし、ファイアーウォールに保存されるログのデータ量は膨大で、不正アクセスを察知するためには専門スキルと多くの工数が必要です。

ファイアーウォールログ解析サービス サービス概要の図

解析報告書サンプル

ファイアーウォールログ解析サービス 報告書サンプルの図1

  1. 社外→社内/社内→社外ネットワークへのアクセス状況をグラフとしてレポートします。(特定セグメント/サーバに絞った解析も可能)
  2. ファイアーウォールの通過/拒否アクセスの件数をレポートします。
  3. 解析結果から不正アクセスの兆候が認められる場合、アクセスの詳細と推定される原因をレポートします。
  4. 解析報告書の内容についてのご質問にお答えします。

ファイアーウォールのログ解析によって多数のメリットがあります。

  • 不正アクセスの兆候(ポートスキャン・踏み台検索)が把握できるので、事前にセキュリティ対策を講じることが可能です。
  • 社内から外部ネットワークへのアクセス状況を把握できます。
  • ファイアーウォールがお客様の運用ルールに従った動作をしているか確認できます。

ヒアリングから解析結果のご報告まで

  1. ヒアリング
    お客様のネットワーク構成、ファイアーウォールの設定情報、運用方法を伺います。ログの採取方法、レポートする項目もご相談します。
  2. ログ採取(お客様作業)
    月に一度DATまたはCD-R等の記憶媒体に、ファイアーウォールログを採取して、当社宛てにご郵送ください。
    注)ログ採取がお手数の場合は、弊社技術者がオンサイトで採取する「ログ収集サービス」(オプション)をご利用ください。
  3. ログ解析
    当社オリジナルツールにて、アクセスログを解析します。
  4. 解析結果提出
    解析結果を元に報告書を作成し、お客様にご提出します。提出の形式は、事前にご相談させていただきます(担当営業による提出、書面のみの郵送等)。
  5. 解析結果についてのQ&A
    解析結果について、ご不明な点は、お問い合わせください。セキュリティプロフェショナルがお答えします。

ファイアーウォールログ解析サービス 報告書サンプルの図2

サービス体系

サービス名 サービス内容
ファイアーウォールログ解析 ファイアーウォールのログ解析報告書を提出(月一回)
大容量オプション ファイアーウォール1台のログが1GBを越える場合のオプション(月一回)

注) 対象ファイアーウォールはCheckpoint社のFirewall-1と富士通Netshelter、FortiNet社のFortiGateです。

GTM-KJ2442