大崎オフィスの紹介

本社機能を含め分散機能を集約

当社は、ビジネス環境の変化や技術の進展に対応した柔軟な働き方や生産性向上を目指し、様々なワークスタイルや空間づくりを実践してきました。これまでの経験で得たノウハウを活かし更なるステップアップに向けて、大崎オフィスでは、幹部社員と一般社員との双方向コミュニケーションの促進と、自席にとらわれない働き方の実現に向けてオフィスづくりに取り組んでいます。

移転の背景

様々なワークスタイルに挑戦し、様々なイノベーションをお客様に提供していく

オフィスコンセプト

幹部と一般社員との双方向コミュニケーションを促進するオフィスづくり

幹部社員と一般社員や、部門間の「見えない垣根」を取り除き、オープンで風通しの良い職場風土を醸成する。

ワークスペース=オフィスとならないワークスタイル変革を後押しするオフィスづくり

加速するモバイルワーク化により、オフィス内でのソロ、オープンスペースの増設や、在宅勤務、3rd/4th サテライトオフィスなどのオフィス外での作業など、自席にとらわれない働き方の実現/実践。

働き方

当社は、働き方改革の推進に向けて、これまで人事制度や風土改革と合わせて、ICTツールの活用や働く環境の改善に取り組んできました。その成果を大崎オフィスの代表的な5つの働くシーンで、ご紹介します。

ページの先頭へ