2019年3月1日
株式会社富士通エフサス

「第29回読者が選ぶネーミング大賞」において
「TIME CREATOR」が「ブランドネーミング賞」を受賞!

当社が提供する「FUJITSU Software TIME CREATOR(タイムクリエイター)」が、日刊工業新聞社主催の「第29回読者が選ぶネーミング大賞」において、「ブランドネーミング賞」を受賞しました。

「第29回読者が選ぶネーミング大賞」

「第29回読者が選ぶネーミング大賞」は、2017年秋から2018年秋にかけて日刊工業新聞に掲載された新製品、新サービスの中から優れたネーミングを読者投票で選定、表彰するものです。

「TIME CREATOR」は勤務時間をお知らせするバルーン表示や残業未申請のPC利用に対し警告ポップアップ・シャットダウン等で制御する「残業抑止機能」に加え、PCの操作ログをベースに、勤務時間中の業務内容を個人や組織ごとにグラフとして可視化する「働き方可視化機能」を搭載するソフトウェアです。ネーミングには、業務を可視化することにより一人ひとりが時間の使い方に対する意識を高め、自発的な業務改善を促すことで新たな価値を生み出す“時間を創出してほしい”という思いを込めています。

なお、当製品は自社における「働き方改革」にも活用しており、時間外・休日労働時間の20%低減や、日報作成の工数削減など、高い成果が出ています。

従業員一人ひとりが、本来の業務や創造性の高い業務に注力する時間を確保することが、新たなビジネスの基盤づくりの鍵となります。当社は、今後も「TIME CREATOR」の提供を通し、お客様の「新たな価値を生み出す時間の創出」を支援してまいります。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先