レオン自動機株式会社 様

「エフサスグリーンファシリティソリューション」によりマシン室の空調機の最適配置を考慮した導入を実現し本社全体でピーク時46%の消費電力量削減に貢献

導入事例レポート レオン自動機株式会社様

製菓・製パンを中心とした食品生産機械の開発、製造を手がけるレオン自動機株式会社様(以下、レオン自動機様)。同社の食品生産機械は、世界中のさまざまな食品づくりに活用され、多様な食文化の創造に貢献しています。世界的に地球温暖化ガスの排出削減が課題となり、さらに国内では電力の総量規制が実施されている中、レオン自動機様は「エフサスグリーンファシリティソリューション」によってマシン室の空調改善を実施。CO2排出量を削減するとともに、全社的な消費電力量の削減を実現しました。

導入までの背景

地球温暖化対策と改正省エネ法への対応

導入事例レポート レオン自動機株式会社様 レオロジーの応用工学によって開発された「インクラスティングマシン」

レオン自動機様の社名「レオン」は、レオロジー(流動学)に由来し、食品の「粘性」と「弾性」を利用したレオロジカル・エンジニアリングにより、まんじゅうの自動成形機を世界で初めて開発した実績を残しています。また、パン生地を薄いシート状に形成し、シートからクロワッサンなどを成形する独自技術が組み込まれた自動成形機は、世界各国で採用されています。
世界を舞台に事業を展開する同社にとって、CO2を中心とした地球温暖化ガスの排出量削減は重要な責務です。また、2010年4月から「改正省エネ法」が完全施行され、エネルギーの規制範囲が、工場・事業者単位から、企業単位に変わることへの対応に向けた対策が急務となっていました。

導入以前の課題

1.25年以上稼働しているマシン室の空調機による電力の過剰消費
2.空調機の冗長化対策
3.東日本大震災後の15%電力総量規制への対応

同社のマシン室の空調設備は、1980年代に導入したノンインバータタイプで、25年以上も稼働していました。そのため、最新型の空調機と比べてエネルギー効率が悪く、電力の過剰消費は避けられません。また、1台の空調機でマシン室と隣室のオペレータ室の両部屋を冷却していたことから、空調機が故障するとマシン室の温度が上昇し、マシントラブルに発展する恐れがあります。そのため、管理者は夜間や休日を問わず空調機が故障するたびに駆けつけて対処する必要がありました。
こうした状況に対し、ホストコンピュータの運用保守を約30年にわたって担当してきた富士通エフサスのCE(注1)は、レオン自動機様に対して空調機の改善によってこれらの課題がクリアできることを提案しました。サーバ機器などと合わせて空調機をリプレースすることを検討していたレオン自動機様は、CEの提案を評価して導入を決断しました。複数ベンダーを比較検討する中から富士通エフサスを選定した理由についてレオン自動機様は次のようにおっしゃっています。「富士通エフサスは、当社のマシン室やシステムの運用体制を熟知し、防災システム(SSP)や自動運転システム(ARC)との連動に関するノウハウを持っています。その中で、私たちだけでは気が付きにくい点まで考慮した提案をいただけたことから、外部の空調設備業者に委託するより、確実な成果が残せると判断しました」
レオン自動機様では、設備計画に則り2011年度中に空調機のリプレースを実施することを計画していましたが、2011年3月11日に東日本大震災と原子力発電所の事故が発生。それに伴い、夏の電力需要期に電力の総量規制が実施され、前年比で15%の削減が求められる見込みとなりました。そこで同社は、空調機のリプレースを前倒しで実施することを決定しました。「社会的要請に応えるため当社全体として20%の消費電力の削減を目標とし、総量規制が始まる2011年7月までに新たな空調機を稼働させることを目指しました」とレオン自動機様。

  • 注1
    CE(カスタマエンジニア):お客様が使用するOA機器(プリンタ等)や、ネットワーク機器、専用端末機(ATM、POS等)、コンピュータ機器の設置・保守・運用受託業務等を行う技術員
レオン自動機株式会社 情報管理部 次長 増淵 康幸 様 レオン自動機株式会社
情報管理部
次長
増淵 康幸 様
レオン自動機株式会社 情報管理部 システム管理課 課長補佐 谷口 光弘 様 レオン自動機株式会社
情報管理部 システム管理課
課長補佐
谷口 光弘 様

導入の概要

1.エフサスグリーンファシリティソリューションによる空調環境の分析・調査とコンサルティング
2.熱流体シミュレーションを利用した空調機の最適配置
3.空調機および関連部材の手配、設置工事の支援、設置後の点検・報告

マシン室の空調機リプレースでレオン自動機様は、富士通エフサスの「エフサスグリーンファシリティソリューション」を採用しています。エフサスグリーンファシリティソリューションは、電力使用状況を省エネ基点で調査・分析して改善策を提案し、コンサルティング結果に基づき、空調設備の設置工事までを行うサービスです。
導入時は、エフサスグリーンファシリティソリューションの「熱流体シミュレーションサービス」により、空調機からの冷風や、ラックからの排熱風といった空気の流れをビジュアル化。マシン室全体を最適な温度に保つように、空調機の配置場所や、冷風、温風の流れなどを最適化しながら慎重に行いました。「熱流体シミュレーションでは、熱の流れや冷却の効果が動画でわかりやすく説明され、最適な空調機の配置がスムーズに理解できました」とレオン自動機様。
導入プロジェクトは2011年5月上旬からスタート。震災の影響で空調機や部材の納期が心配される中、6月中旬に部材手配の目処が立ち、6月28日より新空調機の稼働が始まりました。レオン自動機様は「7月1日から実施される電力使用制限令に間に合うことができたことが最大の成果です」とおっしゃっています。
新しい環境では、マシン室に天吊り型の空調機を2台設置して冗長構成とし、さらにオペレータ室に天カセ型の空調機を1台設置する構成としました。空調機の交換工事の際には、ホストコンピュータやサーバマシンへの影響を最小化するために、空調機の停止時間を短時間に抑えるよう配慮しています。導入プロジェクトに関してレオン自動機様からは「空調機の工事作業だけに留まらず、設置後の点検や報告まで完璧に対応していただき、サービスレベルの高さを実感しました」と評価をいただいています。

  • サーバラック前面温度分布
  • サーバラック前面(動画イメージ)

導入の効果

1.本社全体でピーク時46%の電力量削減
2.マシン室で43%のCO2排出量削減
3.2台の空調機による冗長化と管理者の負担軽減

稼働から約1カ月が経過した現在(取材時)、マシン室単独の消費電力の削減量は計測できないものの、総務部門や研究開発部門を置く宇都宮本社全体の電力削減量は、ピーク時で約46%に達し、15%はおろか20%の目標値も大幅にクリアしています。「46%の削減率は、社内全体の空調の温度を高めに設定したり、試作品製作のために食品を保管している冷凍庫を集約して稼働台数を減らしたり、電気をこまめに消したりした結果の数値です。とはいえ、24時間365日稼働しているマシン室の空調は、本社全体における消費電力の多くを占めていることに間違いはなく、空調機のリプレースによる削減効果は確実に現れています」とレオン自動機様はおっしゃっています。
マシン室におけるCO2排出量の削減に関しても、富士通エフサスのシミュレーションでは43%の削減が可能であるとされ、同社全体の削減目標の約90%をマシン室の対策だけでクリアできることが明らかになっています。
また、マシン室の空調機が2台の冗長構成になったことで、1台の空調機が停止してもマシンに過大な負荷をかけることなく運用が継続できるようになり、管理者の負担も軽減されました。

富士通エフサス 栃木支店 カストマサービス課 山崎 久雄 富士通エフサス
栃木支店
カストマサービス課
山崎 久雄
富士通エフサス 栃木支店 カストマサービス課 内山 洋輔 富士通エフサス
栃木支店
カストマサービス課
内山 洋輔

今後の展望

1.異常発生時の対応マニュアルの作成
2.事業継続の仕組みを維持するBCMSへの取り組み

空調機のリプレースで、BCP(事業継続計画)対策の一端が実現したレオン自動機様では、今回の経験をもとにマニュアル整備を進め、事業継続の仕組みを維持するためのBCMS(事業継続マネジメントシステム)にも取り組む考えです。さらに、PDCAサイクルを回すことで、BCMSの定着を図っていく構想を明らかにしています。
富士通エフサスに対しても「サーバや通信機器の保守会社というイメージがありましたが、今回のプロジェクトでファシリティの視点からシステムのパフォーマンスを最大化するノウハウを持つことがわかりましたので、今後の提案をお願いします」と期待の言葉をいただいています。

レオン自動機株式会社 様

所在地 宇都宮市野沢町2番地3
代表取締役社長 田代 康憲 氏
創立 1963年3月15日
資本金 73億5,175万円
従業員数 748名 (2011年4月1日現在)
事業内容 食品機械の開発・製造・販売、食品の最終的調理成形工程を自動化した装置および各種プラントの設計・制作・納入設置・試運転・試験生産・操作マニュアルや管理の指導、独立した単体の自動機械、付属品の製造・販売、これら機器の操作指導・配合法・品質管理の指導
ホームページ https://www.rheon.com/jp/

[掲載日:2011年10月28日]

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページ の閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

本事例に関するお問い合わせ

ページの先頭へ