コンプライアンス

コンプライアンス推進やリスクマネジメント、情報セキュリティ、事業継続などの取り組みを通じて、コーポレート・ガバナンスの強化に努めています。

コーポレート・ガバナンス

当社は、コンプライアンス推進やリスクマネジメント体制づくりを含め、コーポレート・ガバナンスの強化に努めています。また富士通のビジネスグループにおいて当社の属す るグローバルサービスインテグレーション部門の関係者が当社の役員として経営に参画しています。
さらに取締役会における「内部統制体制の整備に関する基本方針」を定めているほか、富士通グループの方針に従い、内部統制の運用評価テストを実施し、日々改善に努めてい ます。当社グループ9社においても、内部統制の自主評価として、運用評価の確認を毎年実施しています。

コンプライアンス

当社は、富士通グループの一員として、コンプライアンス意識を浸透させるため、様々な活動に取り組んでいます。社会における富士通グループの存在意義、大切にすべき価値観、日々の活動において社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則である「FUJITSU Way」を基本に、FUJITSU Wayの行動規範をさらに詳細化したガイドラインである「Global Business Standards」、FUJITSU Wayを具体的にした当社独自の指針である「FSASコンプライアンスガイドライン」を制定しています。
また社内ホームページにおいては、「FSASコンプライアンスガイドライン」に規定する内容につき、詳細な解説や関連資料などを掲示することで、日常活動の中で生じた疑問点 を社員自身が調べられるように情報提供を行うとともに、ガイドラインの相談窓口も設置しています。さらにコンプライアンス問題を未然に予防するために、リスク・コンプライアンス委員会の小集団活動として当委員会のWGを設置し、日々変化する外部環境・状況を踏まえた対策検討・社内展開を実施しています。あわせてコンプライアンス違反を発見した場合の報告先として、社内外に「コンプライアンス通報・相談窓口」を設置し、コンプライアンス違反の早期発見に努めています。上記のような制度・体制のほかに、社員への啓発・教育活動として、新入社員や中堅社員・幹部社員の昇格者に対するコンプライアンス教育を実施しています。

リスクマネジメント

当社は、事業活動において発生する様々なリスクを迅速・的確に把握し、リスクインシデント発生時の影響の最小化、および再発防止に向けて体制を構築しています。
具体的には、当社の事業活動分野別の報告ルートを整備しているほか、全般的なリスクインシデント報告基準を作成し、インシデントを認識した部門から社長を委員長とするリスク・コンプライアンス委員会、および富士通に対しタイムリーに報告するよう規定し、当社のみならず、富士通グループ全体でリスクマネジメントを行えるよう、体制を整えています。また、報告を受けた委員会事務局のメンバーはじめ、即座に関係者が対応し、リスクインシデントの最小化や再発防止策の策定、情報共有を行ないます。さらに、経営層の集まる会議体における月次報告のほか、取締役会においても報告を行い、リスクマネジメント意識・危機感を共有しています。

情報セキュリティ

当社では、業務上、お客様の大切な情報を取扱うことがあり、近年サイバー攻撃が巧妙かつ高度化し続けていることから、政府が策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に沿って、 CISOの任命とCSIRTの構築を行い、情報セキュリティにおける社会的責任を果たすとともに、経営リスクの低減を図っています。具体的には、以下の情報セキュリティ対策を、適切かつ確実に実施しています。

認証マーク

  • セキュリティに関する各種規程の整備
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS: Information Security Management System) の国際規格「ISO27001」を製品保守、サービス部門にて取得
  • プライバシーマーク(JISQ15001)の取得
  • 全社員を対象に毎月セキュリティチェックデーを設け、セキュリティの基本ルールを確認
  • e-Learningやビデオによるセキュリティ教育など、啓発・教育活動の実施
  • サイバー攻撃に対する認識と、対応スキル向上を図る訓練活動の実施
  • 社内WANに接続されている、すべてのPCに最新のパッチが適用されていることを確認するツールを導入し、脆弱性を排除

事業継続

当社はお客様のシステム・インフラの安定稼働を支えるため、自然災害などの不測の事態の備えとして、事業継続のための体制・施策の強化に取り組んでおります。

お客様システム復旧対応への取り組み

➀お客様復旧支援体制/災害対応マニュアルの整備 ➁富士通グループ合同防災訓練の実施

事業継続に関する世界的な認証取得

当社は、お客様のICTインフラに対する保守サービス事業において、事業継続マネジメントシステム(BCMS: Business Continuity Management System)の国際規格「ISO22301」の第三者認証を富士通とともに、2012年8月24日に世界で初めて取得しました。

ページの先頭へ