GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Retail Solution TeamPoS/SR(チームポス・エスアール) モデル20/10

本製品は販売を終了いたしました。

最新のPOSシステムはこちら

FUJITSU Retail Solution TeamPoS/SR セルフチェックアウトシステム。店舗形態、客層や取り扱い決済手段にあわせて選べるカスタマーステーション。

新開発した小型現金機を搭載することにより、従来製品(モデル30)と比較して製品価格で約40%、設置スペースで約30%と大幅な削減を実現したモデル20、キャッシュレス支払い専用機とすることで低価格化とレジ会計のスピードアップを実現したモデル10など、ニーズに合ったセルフレジ導入により、お客様の利便性やサービスアップ、レジの生産性向上に貢献します。

導入メリット

来店されたお客様に対して

  • レジ待ちの解消
    商品スキャンと袋詰めが同時にでき、チェックアウト時間が短縮します。
  • 楽しいチェックアウト
    ご家族連れやご高齢の方など、楽しくチェックアウトできます。
  • プライバシーの確保
    プライバシーを確保したまま商品を購入できます。

小売業様に対して

  • 店員不足解消
    店員様1名で最大6台のカスタマーステーションを運用できます。
  • 費用対効果
    人員低減によりトレーニングを含めた人件費コストを抑制できます。
  • サービス向上
    店員様を接客へ再配置、売場での接客サービスが向上します。

カスタマーステーション(お客様専用端末)

お客様に商品登録からお支払いまで操作していただく端末をカスタマーステーションと呼びます。

モデル20(小型現金対応モデル):現金を含む様々な支払いに対応。設置面積の削減と操作部の小型化を実現。
現金、クレジット、電子マネーの様々な決済手段に対応したモデルです。

モデル10(キャッシュレスモデル):クレジットや電子マネーといったキャッシュレス支払い専用で会計をスピードアップ。
クレジット、電子マネー決済に特化し、スピーディーなチェックアウトと現金運用負荷の削減を両立するモデルです。

アテンダントステーション(店員様用端末)

カスタマーステーションで行われる取引の確認や、エラー解除・イレギュラー対処など、お客様をサポートするための店員様用の端末をアテンダントステーションと呼びます。据え置き型アテンダントステーションに加え、「モバイル型アテンダントステーション」を採用しました。操作が分からなくてお困りになっているお客様を近くでサポートできるため、より丁寧な接客が可能です。アテンダントステーションは、同時に6台までのカスタマーステーションの利用状況が確認できます。

据え置き型:従来の据え置き型。

モバイル型:ディスプレイ部分の持ち運びができるため、お客様の近くで操作支援が可能。

設置レイアウトイメージ

有人レジ×2台のスペースに、セルフレジ×6台の設置も可能です。同一スペースにより多くの台数を設置できます。


設置レイアウトイメージ

POSシステムとの連携

量販店向けPOSシステム「TeamStore/M」と連携し、同じ売場内に通常のレーンPOSとセルフチェックアウトシステムが混在できます。

関連メニュー

店舗ソリューションPOSハンディターミナルサービス

関連リンク

お問い合わせ

本製品の取り扱いは富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら