IoTソリューション開発エピソード

田中 徹(イノベーション事業部第二ソリューション開発部)

富士通フロンテックが手掛けるIoTソリューションは、特徴的なデバイスとプラットフォームを組み合わせて提供するサービスです。その主力製品となる太陽電池センサー付きビーコンの開発指揮者に、開発の経緯や製品の特長、活用事例までを語ってもらいました。
IoTを活用し業務効率化を図りたい企業様、そのIoTをデバイスからプラットフォームまでワンストップで導入したい企業様など、ぜひ参考にしてください。
現在義務化が進められているHACCP(ハサップ)の導入、運用効率化にも活かせます。

――まず、富士通フロンテックのIoTソリューションとはどのようなものか教えてください。

田中「プロダクトからソリューション・サービスまでを、トータルでグローバルに提供するサービスです。富士通フロンテックの既存ビジネスで確立された技術力と提供スキームを活かし新領域であるIoTビジネスを拡大していくことになります。
当社はこれまでRFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDシステムを開発、提供していましたが、近年はそのRFIDシステムのクラウド化が進んでいます。多拠点のデータを収集しやすいインフラ環境が整ってきたことにより、RFIDによる個品データに加え、保管温度や輸送時の衝撃など他のセンサー情報をクラウドで集約し、お客様に提供することで、お客様にこれまでよりも多くの価値が提供できると考えています」

――IoTソリューションでは、具体的にどのようなプロダクトやソリューション・サービスを提供するのでしょうか。

田中「具体的には、RFIDとセンサーデータを管理する「RFID/センサープラットフォーム」を提供します。RFIDや、センサー付きビーコンなどのIoTデバイスからクラウド上に送信されたデータをプラットフォーム化することで、そのデータを使うお客様システムや、そのデータを利用しその先のエンドユーザにデータ提供するシステムベンダとシームレスにデータ連携できます」

――IoTソリューションという商品開発にあたって、何か苦労した点はありましたか。

田中「当社ならではの他社差別化ポイントの検討ですね。RFIDは長年の取組みから当社の強みが明確でかつ国内シェアも高いのでお客様へ訴求しやすいのですが、RFIDを必要としないお客様を引き付けるポイントが必要でした。
他社のIoTソリューションを調査すると、IoTデバイスは他社メーカー製が多く、それを用途に合わせて選び、システムと組み合わせるソリューションが多いことが分かりました。よって、似たようなIoTソリューションばかりです。お客様がどのIoTソリューションを選んでも、得られる価値は同じという状況がありました。
そこで我々は、特徴的なIoTデバイスを当社が開発し、デバイスからプラットフォームまでワンストップで提供することで他社差別化を図ったのです。特徴的なIoTデバイスの第1弾としては、太陽電池センサー付きビーコンを提供します」

▲太陽電池センサー付きビーコン

――太陽電池センサー付きビーコンは、どのような場面で活用できるデバイスですか?

田中「例えば、HACCP(ハサップ)に取り組んでいる企業が、温湿度管理を行うために活用できます。食品等事業者には、HACCPに沿った衛生管理が義務付けられるようになりますが、管理の負担が増す中、人材不足といった問題も今後深刻になってきます。
そんな中IoTソリューションを導入いただければ、モニタリングや改善措置、記録と保存といったHACCPで求められる要素をシステム化でき、効率的に、より楽に運用できるようになるはずです。食品工場内のドライ帯、冷蔵帯、チルド帯の温湿度管理、飲食業での客席の温湿度管理、大型倉庫の労働状況の温湿度管理、など使用できるケースはさまざまで、コストと設置の容易さから、中小企業まで広く使用いただけるものと考えています」

――特徴である太陽電池について、取り入れた理由を教えてください。

田中「まずビーコン自体の開発について説明すると、RFIDの無線通信距離は大体3m以内です。その距離より長く最大30mほど無線通信できるBluetoothの技術に注目しました。目的によりデバイスを使い分けすることで、当社無線通信を利用したソリューションの幅が広がると考えたんです。そこでBluetoothの低電力化した規格であるBluetooth Low Energy(通称:BLE)を使ったデバイスであるビーコンの開発を検討しました。市販のスマートフォンで標準的にBLEを受信できることもこの規格を採用した理由の一つです。
フィールド調査をしたところ、一般的なビーコンの課題も明確になりました。電源確保です。電池式では交換の手間、給電式では配線が必要です。そしてそれを解決するビーコンがありませんでした。このことから、電源を光から確保する太陽電池センサー付きビーコンの開発に着手したのです。
開発にあたっては、富士通研究所と富士通フロンテックが共同で行い、低照度でBLE電波を発信し、また余った電力をキャパシタに溜めておき、無光源でも一定時間稼働できる回路図を開発しました。この回路図は3件特許化しています」

――太陽電池センサー付きビーコンを実際に取り入れた事例はありますか?

田中「低カリウム野菜栽培を行っている、会津若松Akisaiやさい工場(富士通ホーム&オフィスサービス)での事例があります。
栽培ユニットごとに細かく温度・湿度を管理し、レタスの不良率を下げたいという相談を受けたんです。エアコンのセンサーや温湿度計で空調管理はしているが、広い栽培ルーム内では温度・湿度のムラがあり、細かく把握するのは容易でない状況とのことでした。

実際に現場に足を運んで、設置場所、設置方法を検討しました。クリーンルームということもあり、事前にビーコンは消毒しています。導入にあたっては、太陽電池センサー付きビーコンのメリットである設置の容易性を実感しましたね。工事不要で28個を設置し、約4時間後には温度・湿度管理が開始できました。
結果、細かい温度・湿度管理を行い栽培ユニットへの風向や風量を変更することで、約6%不良率の改善につながったと富士通ホーム&オフィスサービス様から話を伺いました」

――太陽電池センサー付きビーコンについて、今後の課題などはありますか?

田中「1度取り付ければ一生動作すると期待される方もいらっしゃるかもしれませんが、過酷な運用環境によっては5年以内に機器が動作不良を起こしてしまうケースも出てくるかもしれません。その期待とのミスマッチの解決が課題のひとつと考えています。そこで、故障したらまた新しいビーコンが送付されるというような機器の利用サービスとして提供するスキームを予定しています。そうすれば、お客様は稼働期間を気にせず使っていただけるはずです」

――太陽電池センサー付きビーコンの使用を含め、IoTソリューションの導入を検討したい方は、まずどうすれば良いでしょうか?

田中「まず、お電話か、お問い合わせフォームでご連絡いただきたいです。規模の大きなご相談になりますと、お客様専用の導入/運用サポートの対応も可能です。HACCPへの対応を効率化したい、目視確認や手書きの記録が面倒でどうにかしたい、といった具体的な課題をお持ちの方はもちろん、うちの現場でも活かせないかな?といった漠然とした考えがあるだけの方でも結構です。お気軽にご相談ください。
本当に効果が見込めるのか不安という方もいらっしゃるでしょうが、そういった方には、温湿度管理ソリューションのトライアルパックもご案内します。2ヶ月間のトライアルを低価格にてご提供するパックで、本導入前に実際の効果をお確かめいただけます」

取材:株式会社フルスピード


HACCPとは

HACCPとは、Hazard Analysis Critical Control Pointの略称で、「危害分析重要管理点」と訳されます。1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式で、食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因を分析し、それを最も効率よく管理できる部分を連続的に管理して安全を確保する管理手法です。

カタログ

太陽電池センサー付きビーコン

※製品開発中
(385KB)

サムネイル

温湿度管理トライアルパック

(287KB)

サムネイル

ページの先頭へ