GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

RFIDとは?

RFIDとは?

「RFID」とは?

RFID(Radio Frequency IDentification)とは、RFIDタグと呼ばれる媒体に記憶された人やモノの個別情報を、無線通信によって読み書き(データ呼び出し・登録・削除・更新など)をおこなう自動認識システムのことです。身近な例では、JR東日本のスイカがあります。改札機にカードを通さなくとも、読み取り部にカードをかざすことにより、無線交信で検札情報のやり取りができます。このように、RFIDタグを読み取り機などにかざすことによって、情報(製造年月・流通過程・検査情報など)が表示機器に表され、さらに新しい情報を書き込む(リライトする)ことで、製品の流れや人の入退場などが一元管理できるのです。

RFIDタグ・リーダライタご紹介動画

RFIDタグ・リーダライタご紹介動画

部品供給管理システムの事例や、書類管理用ラベルタグによる棚卸しイメージなど、RFIDに関する動画を掲載しております。

導入事例

導入事例

製品やサービスなどの流通過程においては、製品情報の管理はまだまだバーコードが主流です。確かにバーコードは安価で汎用性がありますが、反面、情報量が少なかったり、汚れや水濡れに弱かったり、偽造などの心配もありました。 現時点では、RFIDタグの価格はバーコードとの間に価格差があり、普及の弊害になっていることは否めません。しかし、大量生産によってRFIDタグとバーコードの価格差が縮むようになれば、バーコードに迫る勢いで普及することでしょう。では、どんな場所でRFIDが活躍されると考えられているのでしょうか。代表的なものをピックアップしてみます。

導入効果

導入効果

管理をしたい対象項目や運用方法は、業界や企業によってさまざまです。だからRFIDタグやリ-ダライタの選定にあたっては、周波数帯やリ-ダライタの特長をよく考える必要があります。機器の選定時点から運用状態を想定し、その方法を詳細に検討することが、スム-ズな導入へのファーストステップです。実際にどのような流れになっているのか見てみましょう。

関連メニュー

RFID製品情報ソリューションサービス

お問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちら
本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。