FUJITSU RFID・センサーソリューション RFIDプラットフォーム 導入の流れ・製品メニュー

既存システムへの適用、導入の流れ

RFIDプラットフォームで試行稼働し、運用課題や導入効果を見極めた後、本格稼働に移行します。
下記の図は、バーコードを使った既存システムに、RFIDプラットフォームを利用したRFIDシステムを導入する場合の流れになります。
RFID試行後は、試行環境を継続利用するか(パターン1)、または、オンプレミス対応とするか(パターン2)ご選択いただけます。

既存システムにRFIDプラットフォームを利用したRFIDシステムを導入する場合の流れ

製品メニュー

種別 製品名 内容
端末
システム
①RFID業務標準アプリ
(登録/入荷/出荷/棚卸)
アパレル物流で標準的に使われる登録/入荷/出荷/棚卸作業が可能なアプリケーション
※RFID制御ソフトウェア1ライセンス込み
②RFID制御ソフトウェア RFIDリーダライタやアンテナ等の基本制御を行うソフトウェア
(RFIDデータ受信、RFID機器設定、EPCコード変換、FTP送信など)
センター
システム
③RFIDデータ管理
(クラウド)
RFIDデータを管理するインフラ/データベース/データ照会機能を持つクラウドサービス
開発支援 ④アプリケーション
開発キット
アプリケーション開発を支援する開発キット

その他、「カスタイマイズサービス」、「設計/適用支援サービス」、「スタートアップサービス」もご用意しています。
(注)クラウドアクセスとして、富士通のネットワークサービス「FENICS(フェニックス)」の提案可能です。

トップページ特長・機能導入効果導入の流れ・製品メニュー

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話番号 042-377-0445

受付時間:平日9時~12時、13時~17時
(土曜、日曜、祝日、年末年始、当社指定休日は除く)

Webからのお問い合わせ

当社へのお問い合わせ

本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ