GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2013年 >
  4. 通期連結業績予想との差異及び特別損失の計上に関するお知らせ

通期連結業績予想との差異及び特別損失の計上に関するお知らせ

2013年4月26日

各位

会社名:富士通フロンテック株式会社
代表者名:代表取締役社長 利根廣貞
(コード番号:6945 東証第2部)
問合わせ先:経営企画室長 豊美由喜夫
(Tel:042-377-2544)

当社の親会社名:富士通株式会社
代表者名:代表取締役社長 山本正己
(コード番号:6702 東証、大証、名証各第1部)

平成25年1月30日に公表した、平成25年3月期 通期連結業績予想と、本日公表の平成25年3月期決算の実績値に差異が生じましたので、下記のとおりお知らせいたします。

また、平成25年3月期において、減損損失を特別損失に計上いたしましたのでお知らせいたします。

1. 平成25年3月期通期連結業績予想値と実績値との差異

(平成24年4月1日~平成25年3月31日)

売上高
(百万円)
営業利益
(百万円)
経常利益
(百万円)
当期純利益
(百万円)
1 株当たり
当期純利益
前回予想(A)
(平成25年1月30日発表)
101,600 2,300 1,800 300 12円53銭
今回実績(B) 100,520 2,356 2,364 400 16円72銭
増減額(B-A) △1,079 56 564 100
増減率(%) △1.1 2.5 31.4 33.5
(ご参考)前期実績
(平成24年3月期)
101,150 2,319 2,054 657 27円47銭

差異の理由

1月30日に発表いたしました業績予想に対し、費用の削減等に取り組んだことに加え、為替レートの変動(円安)などにより、連結経常利益が564百万円、連結当期純利益が100百万円増加いたしました。

2. 特別損失の計上について

当社は、当連結会計年度第4四半期におきまして、「固定資産の減損に係る会計基準」等に基づき、保有する国内流通ビジネスに関連した固定資産の減損処理を行い、896百万円を特別損失として計上いたしました。

以上

日付: 2013年4月26日
会社名: 富士通フロンテック株式会社, ,