GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2011年 >
  4. 富士通フロンテック(株)と(株)青湖コムネットがグローバル協力関係を強化

富士通フロンテック(株)と(株)青湖コムネットがグローバル協力関係を強化

富士通フロンテック株式会社(本社:東京都稲城市 代表取締役社長:利根廣貞、以下フロンテック)は、 韓国の株式会社青湖コムネット(以下 青湖コムネット)と、2011年12月13日にグローバル事業展開を拡大するための協議を行い、戦略的な関係強化について同意。フロンテック本社で調印式を行った。

これにより、両社は韓国のみならずアジア圏、新興国市場に向けたATM販売を加速させる。

2011年12月26日

調印式の模様調印式の模様

青湖コムネットは、本年5月にフロンテックの韓国子会社FKMを統合すると共に、フロンテックが青湖の株式10%を保有することで、韓国におけるビジネスの協業をスタートした。
それにより、青湖コムネットはFKMのシェアを加え、韓国国内ATM市場でシェアNO1となった。フロンテックは、ATM搭載用のメカユニットを供給し、青湖コムネットがATMとして販売する関係を構築した。
両社の技術力を合わせ、新しいコンセプトを盛り込んだ革新的なATMを短期間で開発することにも成功した。
今後も、両社は積極的な事業展開を継続し、韓国市場におけるビジネス拡大に努め、前年度比25%増の販売を計画している。

今般、両社は戦略的パートナーとしてグローバル市場における開発、製造、調達に至るまで、広範囲な事業分野で協力することとなった。韓国ATM市場でのトップシェアを維持しつつ、グローバル市場での競争力をより高めていく。

今回のグローバル戦略的協力強化

1.グローバル現地化戦略
青湖コムネットは、当社のATM主要モジュールである紙幣還流ユニット(BRU)を購入するだけでなく、部品調達及び生産拠点として協力し、急変する市場環境に対し、迅速な対応ができる体制を構築する。

2.グローバル共同マーケティング戦略
当社は、青湖コムネットを新たなグローバルパートナーと位置づけ、中国及び新興国向け市場の新規開拓に向け、技術的・人的交流を更に強化する。

3.グローバルR&D戦略
両社技術交流及び共同開発により、革新的で顧客指向を反映した製品開発を実現する。

【 関連Webサイト 】

メカユニット紹介サイト: http://www.fujitsu.com/jp/frontech/services/products/dispensing/


【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

日付: 2011年12月26日
会社名: 富士通フロンテック株式会社, ,

お問い合わせ

富士通フロンテック株式会社
グローバルビジネス本部 第一営業統括部
icon-telephone 042-377-2649(直通)(平日 9時から17時まで)