GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2006年 >
  4. 当社員の褒章受章について

当社員の褒章受章について

11月3日に行われた平成18年秋の褒章において、富士通フロンテック株式会社(以下、当社)の社員が黄綬褒章(注1)を受章しましたので、お知らせいたします。

2006年11月6日
1. 受章者: 当社 システム製造本部 製造統括部 第三製造部
五十嵐 清英(いからし きよえい)当社マイスター(注2)
勤務地: 当社 新潟工場(新潟県燕市吉田東栄町17番8号)
略 歴: 昭和46年4月1日 当社 新潟工場入社
平成15年 2月 「高度熟練技能者」認定(中央職業能力開発協会)
平成15年11月 「卓越した技能者」認定(新潟県知事)
平成16年11月 「現代の名工」(注3)認定(厚生労働大臣)
主な功績: フィルムガイド加工に取組み、複合刃物による連続した多角面の加工方法(直線とR形状連続切削)や複合難削剤の加工方法を開発した。特級技能士として機械加工分野で数々の技能資格を保有しており、同分野では第一人者で積極的に技術の伝承に努め、当社より20人以上の技能検定合格者を輩出させた。また、工業高校教師への技術指導を行って成果を上げ、「現代の名工」に認定された。
2. 受章理由: 高い切削加工技術を持ち、特級技能士として工業高校教師・生徒への技術指導を行っていることが、業務に精励し衆民の模範であると認められた。

【注釈】

(注1) 黄綬褒章:長年職務に精励し、衆民の模範となると認められた者に授与される褒章。
(注2) マイスター:当社が昨年3月に新設したマイスター制度(卓越した技能を有し、後進の指導・育成に力を注いでいる社員を認定し処遇する制度)による呼称。
(注3) 現代の名工:全国の伝統工芸や工業製品の加工分野で国内最高水準の技能を有し、現在も現役で活躍している方を対象として厚生労働大臣によって授与される表彰。技能者にとって最高の名誉。

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2006年11月6日
会社名: 富士通フロンテック株式会社, ,

お問い合わせ

富士通フロンテック株式会社
広報室
icon-telephone 電話:042-377-2544(直通)

会社案内に関するお問い合わせフォーム