GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2006年 >
  4. 関西以西の金融機関をサポート ! 「 大阪ソリューションセンター 」 を開設

PRESS RELEASE

2006年5月29日
富士通フロンテック株式会社



関西以西の金融機関をサポート ! 「 大阪ソリューションセンター 」 を開設

~実機ゾーンの入室管理に手のひら静脈認証装置を採用、お客様の資産セキュリティを強化~

富士通フロンテック株式会社(代表取締役社長:宮澤達士、本社:東京都稲城市、以下当社)は、関西・中国・四国・九州地区の金融機関のお客様のATMのサポートを目的として、5月29日新たに大阪ビジネスパーク内に「大阪ソリューションセンター」を開設いたしました。

昨今、金融機関においては、セキュリティ対策、ICカードの多機能化、統合に向けたシステム運用の効率化、他行や異業種とのサービス業務連携などが経営課題となっており、ITの活用によるこれらの課題解決に取り組んでいます。

当社は、金融機関向けATMの開発と製造を行っており、昨年4月25日には、埼玉県さいたま市に「大宮ソリューションセンター」を開設し、金融分野をはじめとする、流通・製造・公共等の各分野のお客様にワンストップ・ソリューションを提供しています。

今般、関西以西の金融機関のお客様のATMを重点的にサポートするため、「大阪ソリューションセンター」を新設し、長年培ってきたシステム構築のノウハウや、バイオメトリクス(生体認証)などの最先端技術により、お客様の広がるニーズにお応えしていきます。本センターは、本日から約30名のSEで業務を開始します。

「大阪ソリューションセンター」の特長

本センターは、大阪JR環状線京橋駅から約5分の好アクセス地点にあり、お客様の対応に最適です。加えて、富士通株式会社の関西システムラボラトリ(所在地:大阪府大阪市中央区城見2丁目2番6号)と隣接し、同社の関連部署や関連会社とも近く、お客様のご要望にスピーディーに対応できます。

「大宮ソリューションセンター」と同じく、ビジネスのスピードアップとスムーズなコラボレーション・コミュニケーションの実現を目指す業務効率性、そして、お客様の資産を保管している実機ゾーンでの「手のひら静脈認証装置」採用などによるセキュリティ対策を特長としています。

(1) 業務効率性を追求したワークスタイル

ノンテリトリアルオフィスやLAN接続口の設置、ノートパソコンやモバイル端末の採用により、社員はその日の業務内容に応じたワークスペースを自由に選んで仕事を行い、業務効率化を図ります。

(2) 万全なセキュリティ対策

本センターでは、人・情報・ネットワークの各レベルで、以下のようにさまざまなセキュリティ対策を講じており、ビジネスパートナーとして、お客様にご安心いただける環境を実現しています。

  • センターへの入室管理のカードゲートシステムに加え、実機ゾーンへの入室管理には、バイオメトリクス技術を用いた当社商品「非接触型手のひら静脈認証装置」を採用しました。これにより、お客様の大切な資産を保管している実機ゾーンのセキュリティを確保します。
  • 業務で使用する全てのパソコンへのパスワード設定はもちろん、暗号化ソフトウェアの採用により、さらにデータを保護します。

当社は、今後も先進の技術力をベースに、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの三位一体の事業を加速し、関西以西のATMのお客様に対するワンストップ・ソリューション提供の拠点として、本センターで真にお客様起点に立脚したビジネスを展開していきます。

「大阪ソリューションセンター」の概要

(1) 事業所名 :大阪ソリューションセンター
(2) 住所 :〒540-0001 大阪府大阪市中央区城見2丁目2番53号
大阪東京海上日動ビルディング8階
(3) 最寄駅 :JR京橋駅(JR大阪環状線、JR学研都市線)から徒歩5分
※ 大阪ビジネスパーク駅(地下鉄)からも徒歩5分
(4) 収容人員 :約34名(当初は、約30名でスタート)
(5) 延床面積 :240㎡

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

【報道関係者お問い合わせ先】

富士通フロンテック株式会社
企画広報室
icon-telephone 電話: 042-377-2544(直通)

会社案内に関するお問い合わせフォーム