GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 2017年 >
  4. SCビジネスフェア2017 >
  5. 第41回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2017」 レポート

第41回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2017」 レポート

2017年1月25日(水曜日)~27日(金曜日)の3日間、パシフィコ横浜(神奈川県)において、第41回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2017」が開催されました。

SCビジネスフェアは、全国のSCディベロッパー(SCの開発、管理・運営者)とテナント(小売・飲食・サービスなどの専門店)、およびSCに不可欠な関連企業(IT、内装、店舗企画など)など、ショッピングセンター業界の関係企業が一堂に会する唯一の展示会です。

SCビジネスフェア2017会場のパシフィコ横浜SCビジネスフェア2017会場のパシフィコ横浜

富士通グループブースでは、「富士通の最新ソリューションを活用した、更なるデベロッパー様の業務省力化を実現!」をテーマに、テナント売上確定・クレジット業務の効率化、キオスク端末による顧客サービス、デジタルサイネージコンテンツ制作・運用ソフトウェアなどの各種ソリューションをご紹介しました。
期間中は多数の方にご来場をいただき盛況のうちに閉幕しました。ご来場、誠にありがとうございました。

SCビジネスフェア2017会場入り口SCビジネスフェア2017会場入り口

富士通フロンテック関連製品

クレジット伝票の電子化(ペーパーレス化、業務の効率化)

売上報告・各種決済・ポイント管理業務を1台で行えるコンパクトなテナント様向けCAT端末「TeamCAT/mini V2」を使い、ショッピングセンターの決済業務を省力化するソリューションをご紹介しました。ららぽーと様など数多くの導入実績がある「TeamCAT/mini V2」は、「電子サインパッド」と連携することで、クレジット伝票が電子化され、紙での保管が不要になります。店頭オペレーションから、バックオフィスでの集計作業、問い合わせ対応に至るまで、サイン伝票に関するあらゆる運用を改善するデモを行いました。
また、カードサービスごとに必要だった「電子マネー端末」を1台に集約したことで、多様化する電子マネー決済にもスムーズに対応することが可能です。

(左から)電子マネー端末、TeamCAT/mini V2、電子サインパッド(左から)電子マネー端末、TeamCAT/mini V2、電子サインパッド

富士通グループ出展製品

柔軟なデジタルサイネージコンテンツ運用

株式会社富士通マーケティングのコンテンツ運用ソフトウェア「ChaMEO(シャミオ)」をご紹介しました。専門知識が不要で、自由自在なレイアウトや、リアルタイムな情報更新が可能なため、簡単で柔軟なデジタルサイネージの運用が可能です。

ChaMEOで管理されたコンテンツのご紹介ChaMEOで管理されたコンテンツのご紹介

キオスク端末によるお客様サービス

株式会社PFUの情報KIOSK端末「MEDIASTAFF」を利用した、商品券発行やポイント照会などのお客様サービスをご紹介しました。多様なカード認証方式に対応し、集客力アップ・顧客管理に直結するポイントプロモーションを行えます。

自立型拡張スタンドタイプのTMモデルによる商品券発行サービス自立型拡張スタンドタイプのTMモデルによる商品券発行サービス


ご来場いただいた多くのお客様の熱意にお応えするために、当社はこれからも最新の技術をもってご提案を続けてまいります。

当社では、本展示会でご紹介した製品以外にも、様々な製品やソリューション、サービスなどを紹介しています。この機会にぜひご覧ください。

製品/ソリューション

第41回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2017」へ

お問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちら
本製品に関するご質問やご相談、資料請求などをお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。