GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

モバイルハンディ 利用シーン ヘルスケア

注射や点滴時の投薬間違いや、重複実施等の医療ミスを未然に防ぎます。
処置内容を電子カルテシステムに経過記録としてリアルタイムにデータを送信します。

概要

業種 ヘルスケア 対応業務 投薬管理、患者認証
対応機種 MultiPad V2 MultiPad V2

課題と効果

1 注射や点滴時の投薬の間違いや、重複実施などの医療ミスが心配。 矢印 ハンディターミナルで患者のリストバンドのバーコードを読み取り、認証することで、医療ミスを未然に防止。
2 電子カルテシステムの指示書(紙)を元に業務を行い、スタッフステーションに戻ってから、システムにデータ入力。
看護師は煩雑な手作業を強いられ効率が悪い。
矢印 病室でハンディターミナルを使い、その場でデータの確認と入力が可能。
実施内容は電子カルテシステムに経過記録としてリアルタイムにデータ送信。
看護師の負担軽減と安全性向上に貢献。

ハンディターミナルで患者を認証し、その場でデータの確認と入力が可能。

関連メニュー

店舗ソリューションPOSハンディターミナルサービス

お問い合わせ

本製品の取り扱いは富士通株式会社です。富士通株式会社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら