目標

ありたい姿

富士通フロンテックグループはすべての事業活動において、心とからだの健康と安全を守ることを最優先し 安全で健康的な職場環境を提供する。
・重大な災害発生や質の低い安全衛生管理を許容しない文化を醸成する。
・すべての事業活動の価値の中心に、心とからだの健康と安全を守ることを据える。
・予防可能な病気やケガ、業務上の予期せぬ事故などによるビジネス機会の損失をゼロにする。

2022年度目標

グループ会社を含むすべての職場において、安全で働きやすい環境を実現し、心とからだの健康づくりを推進する。

  • KPI :
    ・重大な災害発生がゼロである
    ・安全衛生に関するマネジメントレビューを年1回実施

推進体制

当社における安全衛生推進体制は、コーポレート部門のトップが責任者となり、人事部門、健康推進部門、健康保険組合が連携し、一体となって諸施策の実施、強化・拡充を推進しています。日常の安全指導・健康指導のほか、全社員の安全衛生への積極的な参画による継続的な改善を図っています。

安全衛生推進体制

主な取り組み

年間活動

安全衛生および防災について毎年テーマを設定し、年間を通じて活動に取り組んでいます。
また、安全週間・衛生週間・防災月間など全国の啓発活動に合わせ、当社グループにおいても様々な取り組みや防災訓練などを行っています。

職場巡視

安全衛生防災委員会の委員に加え、職場で働く社員が気が付いた 職場全体でで職場巡視を行い、職場の安全衛生指導や環境改善を行っています。
近年では、テレワーク中心の働き方へのシフトに伴い、スペースの有効活用に向けた職場レイアウトの変更など安心安全にイキイキと働くことができる「幸せな職場」づくりを目指しています。

無災害労働時間


※2022年3月時点

2021年度実績

  • 重大な災害発生件数:ゼロ
  • マネジメントレビュー実施に向け関係者の意見交換を実施

関連リンク

  • こんなところにフロンテック
  • 会社案内パンフレット
  • 会社紹介ムービーへ
ページの先頭へ