GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

富士通フロンテックグループ環境行動計画

「富士通フロンテックグループ環境方針」を実践するため、環境行動計画を策定しています。

第8期富士通フロンテックグループ環境行動計画(2016~2018年)
カテゴリー 第8期環境行動計画
社会への貢献

ICTの提供により、社会の持続可能な発展に貢献する。

  • 環境貢献ソリューションを2016年度から2018年度末までに14件以上開発し、「社会の持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献する。

製品のライフサイクルにおける環境価値の向上(エネルギー効率)

  • 2016年度から2018年度に開発する新製品の50%以上をエネルギー効率トップレベルにする。

製品のライフサイクルにおける環境価値の向上(資源効率)

  • 2016年度から2018年度に開発する新製品の資源効率を15%以上向上する。
自らの事業活動

事業拠点の温室効果ガス排出量を削減する。

  • 事業所における温室効果ガス排出量を2018年度末までに2013年度実績以下に抑制する。

廃棄物発生量を2012~2014年度の平均以下に抑制する。

  • 廃棄物発生量を2018年度末まで2012年度~2014年度の平均比20%以上削減する。(235t以下)
独自設定テーマ

気候変動対策や生物多様性保全に係る良き企業市民としての活動

  • 社員が社会とともに取り組む、社会貢献活動を支援する。