GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. ビジネスサービス >
  4. リスク管理 >
  5. 環境経営簡易診断サービス

環境経営簡易診断サービス

環境問題のグローバル化やステークホルダーの要求増加により企業の社会的責任が増大し、法令対応に留まらない自主的かつ積極的な取り組みが求められています。一方で、各社の環境・CSR報告書の開示レベルは千差万別であり、各企業は環境問題への取り組みにおいて、“何を、どこまでやるべきか?”の判断に迷っている企業も多いのではないかと推測されます。

富士通総研では、環境戦略の立案や行動計画の策定、マネジメントサイクルの改善、情報システムの環境配慮(グリーンIT)まで、お客様における環境経営の取り組み課題の解決をご支援しております。

まずは簡易診断によりお客様の環境経営の取り組みレベルを自己チェックし、問題点を明らかにしてみて下さい。

サービス概要

  • 25の質問項目(三択式)に回答いただくことで、環境経営の課題と対応方針が明確になります。
  • お客様のご要望に応じて、コンサルタントによる訪問アドバイスも可能です。
簡易診断サービス提供イメージ

診断内容

CSR・環境報告書の調査結果に基づくフィードバック

診断結果イメージ
  • 環境経営簡易診断結果(総合点)
    お客様の総合点と企業平均値を比較することができます。
  • 構成要素別診断結果
    「環境経営フレームワーク」(注1) の6つの構成要素別に診断結果をレーダーチャートで確認することができます。
  • 環境経営改善に向けたアドバイス
    診断結果をもとに、課題抽出と対応方針などを支援いたします。

診断結果について

  • お渡し期間
    お客様からの回答受領後、1週間程度
  • お渡し方法
    E-mailによる送付、もしくは担当営業による訪問

関連リンク

環境経営評価コンサルティングのご紹介

環境経営評価簡易診断サービスパンフレット

注記

(注1)環境経営フレームワーク
COSO(Committee of Sponsoring Organizations of Treadway Commission)が提唱する内部統制やERM(Enterprise Risk Management)を実現するためのフレームワーク、GRIガイドライン、富士通グループにおける環境活動の実践などを参考に開発した環境経営のためのフレームワーク。