GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 書籍紹介 >
  3. コーポレートベンチャリング新時代

コーポレートベンチャリング新時代 本格化するベンチャーの時代と大手ICT企業の成長戦略

コーポレートベンチャリング新時代

富士通総研 経済研究所 主任研究員 湯川 抗

白桃書房
2013年11月26日発行
ISBN 9784561236184
本体2,800円+税

 


内容紹介

我が国大手ICT企業は、インターネットの普及以降、成長を果たすことができない状況です。実際に、現在世界的に成功しているICT企業の多くは、1990年代後半以降に生まれた企業です。一方で、クラウドコンピューティングは、小額の投資で短期間に急激な成長を促すなど、起業の方法を大きく変化させています。
ICT産業が、これまでベンチャー企業に牽引されてきたことから考えれば、今後の産業のあり方はますます不透明になりつつあるといえるでしょう。本書は、こうした時代に大手ICT企業の成長戦略としてのコーポレートベンチャリングのあり方を解説しています。

目次

第1部 コーポレートベンチャリングの理論と実際
1章 大企業がベンチャー企業と関わる理由
2章 コーポレートベンチャリングの理論
3章 わが国におけるコーポレートベンチャリング: CVC投資の分析

第2部 変化するICTビジネスの環境
4章 大企業のクラウドコンピューティングへの取り組みと問題点
5章 新たな起業の形が変えるICTビジネス
6章 ビジネスコンセプトに見る起業家社会の到来

第3部 コーポレートベンチャリングと変化したICTビジネスの環境
7章 コーポレートベンチャリング新時代