GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 書籍紹介 >
  3. 日中「歴史の変わり目」を展望する

日中「歴史の変わり目」を展望する 日中関係再考

日中「歴史の変わり目」を展望する

天児 慧 編
(パネル討論 富士通総研 経済研究所 主席研究員 柯 隆)

勁草書房
2013年3日20日発行
ISBN 978-4-326-30215-4
本体4,000円+税

 


内容紹介

2012年に開催された日中国交正常化40周年記念連続シンポジウムの議論が収録されています。日中の歴史の検証と日中経済の相互依存関係について、日中問題の専門家が、若い世代の視点、女性の視点、現場の視点を重視し分析しています。

目次

刊行の趣旨

第一部 日本と中国:何をどう学びあってきたか-文化と女性の視点から
問題提起 「政冷経冷」を克服する「文温」の構築を
第一章 日中『文化力』の時代
第二章 日本と中国:何を学びあってきたか-日本文化雑誌『知日』発行の視点
第三章 深まる相互依存・ふくらむ相互不信-日中の心の『壁』をどう崩すか(パネル討論)
第一部総括

第二部 日中関係の対立と摩擦を乗り越える
問題提起 真の相互理解に向けた新しい試みを模索しよう
第一章 日中政府間交流の軌跡と困難性
第二章 台頭する中国ナショナリズムをどう捉えるか
第三章 歴史の中の協力・対立・誤解(パネル討論)
第四章 若者が描く未来志向の日中枠組み(パネル討論)
第二部総括

第三部 中国経済と日中相互依存の未来
問題提起 経済交流の拠点・名古屋から日中経済を考える
第一章 実業界における日中相互依存の視点と心構え
第二章 現場から考える相互依存の日中経済(パネル討論)
第三章 中所得の罠を越える中国の経済発展
第四章 どう見る中国経済の行方と日本(パネル討論)[柯隆]
第三部総括

第四部 地域交流・民間交流で新たな関係創造を
問題提起 日中韓の民間・地方間交流の必要性と潜在力
第一章 日中韓地域外交の経験から見える課題と相互発展の可能性
第二章 日中韓地域交流の可能性:九州-中国東北部-環黄海を事例に(パネル討論)
第三章 日中韓における民間交流の新たな試み(パネル討論)
第四部総括

著者メッセージ(パネリスト:柯隆)

「第三部第四章 どう見る中国経済の行方と日本(パネル討論)」において、尖閣危機の回避をめぐり、具体的に提言し、また、日中経済の相互依存関係の強化に向けて日中協力のあり方について議論しています。