GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 書籍紹介 >
  3. ITコンサルタント 最強の指南書

ITコンサルタント 最強の指南書

ITコンサルタント 最強の指南書

富士通総研
第一コンサルティング本部 産業・エネルギー事業部
チーフシニアコンサルタント 佐々木 哲也 著
シニアコンサルタント 黒木 昭博 著
(当社執筆者のみ掲載)

日経BP社
ISBN 978-4-8222-3794-3
2016年9月2日発行
本体2,400円+税


内容紹介

企業の経営課題に対して、ITを活用した解決策を提案するITコンサルタント。ビジネスにおけるIT活用が必須のものとなった近年、重要性が高まる一方です。そんなITコンサルタントを目指す上では、事業やシステムを企画する能力、関係者へのヒアリング技術、ユーザー側の立場を踏まえた課題を発見する能力、適切な解決策を提案する技術など、広範なスキルが求められます。これらのスキルを身に付けるための大きな手助けとなるのが本書です。

まず、一人前のITコンサルタントと認められるための条件を序章で提示。
続く第1章と第2章は、システム企画や要件定義で役立つ数々のワザを紹介します。
第3章ではITコンサルタントを目指すあなたにとって参考になる点が多い、事業企画など新しい領域で活躍するITエンジニアの姿を追います。
第4章はユーザー企業のIT活用における重要課題に注目しています。ユーザー企業に提案する機会が多いITコンサルタントであれば、必ず知っておきたい内容です。
第5章~第7章では、ITコンサルタントに求められる三大スキルである「情報収集」「問題発見・解決」「提案」のそれぞれについて掘り下げています。
さらに第8章では、多忙でも成果を出し続けるトップクラスのコンサルタントが、日々どのように仕事を進めているのかについて、焦点を当てました。

目次

【序章 納得の「ITコンサルタント」七つの条件】
【第1章 社長がうなずくシステムの描き方】
【第2章 見ざる 聞かざる 書かざる 「これだけ」要求定義】
【第3章 儲けられるITエンジニア】
【第4章 当事者意識がカギ 今問われるユーザー責任】
【第5章 業務の情報・知識を「集める」技術】
【第6章 ユーザー課題を「考える」技術】
【第7章 提案・説得の成否の鍵を握る「伝える」技術】
【第8章 トップコンサルタントの仕事術・時間管理術】

●ビジネスを創る!アイデア発想術
●清水久三子の「聞けない悩み」すべて答えます

著者メッセージ

当社で担当しているのは、「ビジネスを創る! アイデア発想術」になります。また、他の章で当社役員、コンサルタントのインタビューも掲載されております。ぜひご覧ください。

著者関連書籍

0から1をつくる まだないビジネスモデルの描き方