GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 書籍紹介 >
  3. 爆買いと反日 -中国人の不可解な行動原理-

爆買いと反日 -中国人の不可解な行動原理-

爆買いと反日 -中国人の不可解な行動原理-

富士通総研
主席研究員 柯隆

時事通信社
ISBN 978-4-7887-1444-1
2016年3月12日発行
本体1,400円+税


内容紹介

日本では、中国に関する本はすでに溢れるぐらい存在しています。その中で、本書は、客観的に中国を見つめる1冊として出版されました。著者は中国経済に関する分析を専門に行うエコノミストですが、今回は中国経済について一切書かず、中国、中国人と中国社会に焦点を当てています。

目次

序章 中国という国
第1章 中国人は本当に愛国なのか-いまだに解けない毛沢東時代の洗脳
第2章 中国人の「身分」-戸籍に縛りつけられた人々
第3章 中国人の人相-権力欲と拝金主義
第4章 中国人の人格-高いプライドと「仮面」
第5章 中国人の生活-急速に豊かになる一方で広がる公害
第6章 中国人の建前と本音-形式主義と「好客」
第7章 中国人の歴史観-書かれざる歴史、捏造される歴史
第8章 醜い中国人

著者メッセージ

著者は、20年以上にわたってエコノミストとして、中国で多くのインタビューを行ってきましたが、そこで得られた情報や知識などの多くは研究レポートに盛り込むことができませんでした。今回は、自らの記憶を呼び起こし、中国人として中国という国をどのように見るのかを改めて提示しました。いわば、これは中国経済分析の副産物のようなものでしょう。
何が本当の中国か、何が本当の中国人か、これは永遠の謎かもしれません。本書によって、少しでも本当の中国と本当の中国人に近づくことができたと感じていただければ幸いです。