GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 書籍紹介 >
  3. テクノロジーロードマップ 2015-2024 [ICT融合新産業編]

テクノロジーロードマップ 2015-2024 [ICT融合新産業編]

テクノロジーロードマップ 2015-2024 [ICT融合新産業編]

富士通総研(第4章 ICTと社会インフラ)
経済研究所 研究主幹 浜屋敏
経済研究所 主任研究員 西尾好司
経済研究所 主席研究員 榎並利博
執行役員 第一コンサルティング本部  エグゼクティブコンサルタント 佐々木一人
(他、全共著者24名)

日経BP社
978-4-8222-2542-1
2014年11月29日発行
本体200,000円+税


内容紹介

『テクノロジー・ロードマップ』シリーズのICT(情報通信技術)に焦点を当てた書籍です。ICT自体の進化を論じるだけではなく、ICTと融合することで新たな価値を生む自動車、農業、医療、社会インフラ、小売、製造、教育、メディアなど10分野の産業の未来像を描いています。テクノロジー・ロードマップのコンセプトとして、市場から商品、技術に関連付ける構造で執筆されており、ICTビジネスを検討する企業が事業戦略を立案する際の資料として役立ちます。

下記の章立てで構成され、富士通総研では第4章を4名の執筆陣で対応しました。

目次

第1章 ICTと自動車
第2章 ICTと農業
第3章 ICTと医療
第4章 ICTと社会インフラ (富士通総研)
  1. スマートシティ(浜屋敏)
        エネルギーインフラを中心に、都市生活を支える技術に関する市場を展望
  2. 交通システム(西尾 好司)
        移動支援および交通情報活用を中心に、モビリティに関する市場動向を展望
  3. 電子政府/電子自治体(榎並利博)
        マイナンバー等、我が国における電子行政の市場を展望
  4. オープンデータビジネス(榎並利博)
        世界の潮流としてのオープンデータ市場の動向を展望
  5. 老朽化対策(佐々木一人)
        老朽化し更新期を迎えている社会資本の維持、再構築に関する動向を展望
  6. パーソナル情報ビジネス(浜屋敏)
        個人に関する情報にまつわるビジネスと市場の動向を展望
第5章 ICTと小売・マーケティング
第6章 ICTと金融
第7章 ICTと製造
第8章 ICTと教育
第9章 ICTとメディア
第10章 ICTと企業経営