GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 【PRESS RELEASE】2017・2018年度経済見通し

【PRESS RELEASE】2017・2018年度経済見通し

2017年2月13日
株式会社富士通総研

2017・2018年度経済見通し
-回復続くが脆弱性は残る-

当社は、2016年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は緩やかに回復していますが、政治的リスクが高まっています。日本経済は、輸出増加に加え、消費や設備投資など内需が底堅く推移し、さらには経済対策の効果が発現することで、引き続き緩やかな回復を維持していくと見込まれます。ただ、世界経済の不確実性が高まっており、日本経済回復の基盤は脆弱と考えられます。

実質成長率: 2016年度 1.2%(前回1.2%)、2017年度 1.2%(前回1.2%)、2018年度 1.1%

【世界経済】

世界経済は、アメリカはしっかりとした回復が続き、ユーロ圏は緩やかな回復を続け、中国が持ち直す中、全体として回復が続いている。先行きは、トランプ大統領が公約した大型減税やインフラ投資、保護主義などの政策の進捗度合いや、イギリスのEU離脱に刺激されたユーロ圏内の反グローバル化勢力の伸長度合いによっては、市場の振幅が増す局面も考えられるが、実体経済面の底堅さは続いていくと考えられる。今後の世界経済を見通していく上では、現在は、戦後の自由貿易、とりわけ1980年代以降の新自由主義や1990年代以降のグローバリゼーションの枠組みが限界に達し、刷新あるいは再構築される長期的な過程に入ったことを、基本として認識しておく必要がある。

【日本経済】

日本経済は緩やかに回復しており、今後については、海外経済の回復に伴う輸出増加に加え、消費や設備投資など内需が底堅く推移し、さらには経済対策の効果が発現することで、引き続き緩やかな回復を維持していくと考えられる。労働需給の逼迫を受け、賃金も緩やかに上昇していくと見込まれる。ただ、保護主義の台頭など世界経済の不確実性が高まっており、日本経済回復の基盤もまた脆弱だといわざるを得ない。実質GDP成長率は2016年度1.2%、2017年度1.2%、2018年度1.1%程度と、1%をやや上回る程度で推移していくと見込まれる。消費者物価も徐々に持ち直していくと予想される。

以上

 

関連資料

2017・2018年度経済見通し (463 KB)

関連ページ

経済見通し・日銀短観予測

本件に関するお問い合わせ先

株式会社富士通総研 経済研究所 主席研究員 米山秀隆
icon-telephone電話:03-5401-8392(直通)
icon-mailE-mail:yoneyama.hide@jp.fujitsu.com

(注)本資料は内閣府記者クラブ、日銀記者クラブにて配布いたしております。

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通総研 事業支援統括部(広報)
icon-telephone電話:03-5401-8399(直通)