GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

PRESS RELEASE

2013年1月28日
株式会社富士通総研

 

ビッグデータ時代のフロント業務革新コンサルティングの提供開始

- 日本初!UIA(Unified Information Access)メソドロジーによる情報へのスマートなアクセスを実現 -

株式会社富士通総研(本社:東京都港区、代表取締役社長:本庄滋明)は、ビッグデータ時代におけるさまざまな情報へのスマートなアクセスを実現するため、UIA(Unified Information Access)メソドロジーによる『フロント業務革新コンサルティング』のサービス提供を開始します。

当社は、日本で初めてUIA(Unified Information Access)メソドロジーを体系的に整理し、コンサルティングサービスとして提供します。本コンサルティングは、お客様ごとにUIAシステム導入までの事前コンサルティング、富士通グループの先進技術を用いたUIAシステムの導入、さらにはUIAシステム導入後のモニタリングや効果診断まで総合的に支援します。

これにより情報へのスマートなアクセスを実現することで、アクセスに関わる時間削減だけでなくフロント業務の生産性を高める業務革新へとつなげます。

〔関連リンク〕 「フロント業務革新コンサルティング」サービスカタログ

今般、企業活動の中で生じる情報は大規模化、多様化、高頻度化し、まさにビッグデータの時代と言われています。その中で、フロント業務(経営管理、企画・マーケティング、営業、品質管理、リスク管理などの業務)ではさまざまな情報を用いて調査を行い、さまざまな情報を集めて集計・分析、また、その結果を用いて新たな企画や提案をするというように、情報へのアクセスを起点とする作業が欠かせません。

しかしながら、ビッグデータ時代の情報へのアクセスには、「情報が探し出せない」「情報がダイナミックに変化しすぎる」「情報が共有できない」「情報同士の関連性が分からない」というような課題があり(図1参照)、作業時間の多くを情報へのアクセスに費やさざるを得ない状況になっています。 そこで、情報へのアクセスをもっとスマートに行うことにより、本来の職務へ負荷をシフトし、業務の生産性を高めることが必要となっています。

UIA(Unified Information Access)は、ビッグデータ時代の情報へのスマートなアクセスを実現し、フロント業務革新へつなげるメソドロジーです。本コンサルティングでは、お客様ごとにUIAメソドロジーを駆使して、UIAシステム導入までの事前コンサルティングから、富士通グループの先進技術を用いたUIAシステムの導入まで、さらにはUIAシステム導入後のモニタリングや効果診断まで総合的に支援します。

図1.情報アクセスの課題例

図1.情報アクセスの課題例

本コンサルティングの特長

1.UIA(Unified Information Access)メソドロジーによるコンサルティングの実践

日本で初めてUIA(Unified Information Access)メソドロジーを体系的に整理し、コンサルティングサービスとして提供します(図2参照)。具体的なサービスは以下の通りです。

(ア)導入前コンサルティング

お客様の現状の課題を把握し、将来のあるべき姿を策定するため、UIA導入前に事前コンサルティングを行います。ここでは、全体最適の観点で業務・システムを見直す手法である「EA手法」を用いて、お客様の業務と情報の関係性を分析し、改善すべき課題を抽出していきます。また、導入すべきUIAシステムの要件を整理していきます。

(イ)UIAシステム導入

富士通グループが有する、情報統合技術、Enterprise Search技術、集計・分析技術、情報可視化技術を駆使し、UIAシステムの構築に向けたシステム企画案を提示します。

UIAシステムの代表的な機能は以下の通りです。

  • ビッグデータのメタデータ管理
  • 高度な情報検索
  • 集計・分析支援
  • コラボレーション促進支援
  • 業務プロセス最適化支援

(ウ)導入後コンサルティング

UIAシステム導入後も、運用をモニタリングしながら効果診断を行い、さらなる改善に向けた見直し計画を立案していきます。

2.情報へのアクセス時間の軽減をきっかけに、フロント業務革新を実現

情報へのスマートなアクセスがもたらす直接的な効果は、アクセス時間の短縮です。たとえば、営業実績に関わる情報を収集し、今期の売上実績から次期の売上予測をする作業時間が1週間から数時間に削減された事例があります。さらにアクセス時間の軽減をきっかけに、新規顧客開拓の企画や提案など、本来の職務の生産性を高める業務のやり方へシフトさせ、フロント業務の革新を実現します。

図2.UIAメソドロジーの考え方

図2.UIAメソドロジーの考え方

販売価格、および出荷時期

 

製品名 販売価格(税別) 出荷時期
フロント業務革新コンサルティング 500万円から 2013年2月より

(注)お客様のニーズにより個別見積となります。

販売目標

2015年度末までに売上3億円(コンサルティングサービスのみ)
なお、当社の決算期は3月末日です。

関連Webサイト

業務改革(プロセス・イノベーション):営業・業務改革サービス

「フロント業務革新コンサルティング」サービスカタログ

科学的アプローチによるBtoB分野の「サービスイノベーション」

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社富士通総研
第二コンサルティング本部 ビジネスサイエンス事業部
電話:03-5401-8394(事業部代表)
受付時間:9時から17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通総研 企画室(広報)
電話:03-5401-8391(直通)

プレスリリースに記載されたコンサルティングサービスの価格、仕様、サービス内容、お問い合わせなどは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。