GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

PRESS RELEASE

2012年12月10日
株式会社富士通総研

 

2012・2013年度経済見通し(2012年12月改訂)

当社は、2012年7~9月期のGDP統計(2次速報)および2011年度確報の発表を受け、経済見通しを改訂しました。日本経済は、春以降、後退局面に陥っていますが、足元では生産が底打ちしており、先行きについては、新興国経済の回復に伴い輸出の持ち直しも見込まれるなど、景気後退が早期に終わる兆候が表れています。年明け以降の日本経済は緩やかに回復するという、前回見通しのシナリオに変更はありません。統計の改訂に伴い、予測値は微修正しました。

実質成長率:2012年度 1.0%(前回0.9%)、2013年度 1.4%(前回1.5%)


予測表

以上

 

関連ページ

経済見通し・日銀短観予測

本件に関するお問い合わせ先

株式会社富士通総研 経済研究所 上席主任研究員 米山秀隆
電話:03-5401-8392(直通)
E-mail:yoneyama.hide@jp.fujitsu.com

(注)本資料は、内閣府記者クラブにて配布しております。

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通総研 企画室(広報担当)
電話:03-5401-8391(直通)